無料で使えるインターネットFAX2選

広告 ビジネスサービス

無料で使えるインターネットFAX完全ガイド!送信のみ可能な海外サービス2選

インターネットFAXは、FAX機を使わずにオンラインでFAXの送受信ができる便利なサービスです。

しかし、無料で利用できるサービスは限られているのが現状です。

本記事では、無料で利用可能な海外のインターネットFAXサービスを2つ厳選してご紹介します。これらのサービスは送信のみに特化していますが、コストをかけずにFAXを送りたい方におすすめです。

無料サービスならではの制限や注意点もありますので、概要や使い方とあわせて解説していきます。無料サービスでは物足りない方のために、手軽に利用できる有料サービスもピックアップしています。

\基本料金30日間割引はコチラ/

無料で使えるインターネットFAXの予備知識

インターネットFAXとは

無料で使えるインターネットFAX

インターネットFaxは、FAX機を使わずにインターネット回線でFAXの送受信を行うサービスです。

インターネット環境があれば、場所を選ばずFAXのやり取りが可能で、送受信したデータは電子ファイルとして保存でき、ペーパーレス化にも貢献します。

無料受信サービスは存在しない

インターネットFaxサービスでは、無料の受信サービスは現在ありません。受信するには、サービスプロバイダーとの契約と月額・年額の利用料金が必要です。

電気通信事業法などの法規制により、無料での電話番号取得と通信サービス提供は極めて困難であるためです。

海外の無料送信サービスは縮小傾向

海外には、広告収入で運営される無料のFAX送信サービスがありますが、送信枚数や送信先の国に制限がある場合が多いです。

近年、無料サービスは縮小傾向にあり、利用条件が厳しくなっています。長期的に安定したサービスを利用するには、有料サービスがおすすめです。

無料の試用期間のあるサービスもほぼ存在しません

国内サービスは送受信ともに無料で使えるものはありません。

以前は無料トライアルを実施しているサービスもありましたが、2019年5月22日の「電気通信事業法の改正」に伴い、これらもすべて終了しています。

※具体的には「eFAX」と「jFax」が以前30日間の無料体験を提供していましたが、現在は実施していません。インターネット上の古い情報にご注意ください。

無料送信サービスはビジネスに不向き

無料のFAX送信サービスでは、送信するFAXに広告が挿入される場合があり、ビジネスシーンでは不適切な印象を与える可能性があります。

重要な取引先とのやり取りや公的な文書の送信には、有料サービスの使用をおすすめします。

有料サービスも含めた、インターネットFAXの比較は、「2024年版|インターネットFAX徹底比較《おすすめはココ》よくわかる料金・機能の比較表掲載!」 を参考にしてください。

今時店長
今時店長
過去には色々なサービスがありましたが、2024年時点でも無料で使えるのは2つのサービスだけでした。海外サービスなので、基本的な説明は英語がメインとなります。

無料でFAXが送信できる2サービス

FAX.PLUS

FAX.PLUS

無料プランは10ページまで無料送信できる

スイスのジュネーブに本拠地をおく「Alohi SA」が運営するサービスです。料金プランは全部で5種類、無料版でも10ページまで送信機能を使えます。有料プランでは、日本国内のFAX番号も取得できます。

会員登録の手順
  1. 公式サイトにて「サインアップ無料」をクリックする。
  2. あなたの携帯電話の番号を入力する。
  3. 届いたコードを入力して承認する。
  4. 上にある「Send Fax」から送信できます。

無料でFAXを送信する手順

FAX.PLUSの使い方

管理画面の上にある「Send Fax」より、Faxを送信することができます。無料枠は、「Remaining pages:○」で確認することができます。

FAX.PLUS

ちなみに、FAXの送信先番号は、国内に送信するのであれば、そのまま入力すれば自動的に日本を表す番号「+81」が補完されて入力されます。

FAX.PLUS

今時店長
今時店長
無料枠の10枚ですが、以前は毎月リセットされたのですが、現在は補完されません。利用するには、モバイル認証が必要です。

Dropbox Fax(旧名:Hellofax)

Dropbox Fax(旧名:Hellofax)

無料版プランは5ページまで無料送信できる

料金プランは全部で4種類、無料版でも5ページまで送信機能を使えます。また「公式ヘルプ」の情報によると、条件達成で最大20ページまで増やせるそうです。有料プランでは、日本国内のFAX番号も取得できます。

Dropbox Faxにサービス名称は変更されました

HelloFax、Dropbox ファミリーの正式なメンバーとなり「Dropbox Fax」に名前も変更されました。現時点では、無料枠はそのまま使えるようです。

会員登録の手順
  1. 公式サイトにて右上にある「ログイン⇢Drop Fax」をクリックする。
  2. 「Please confirm your HelloFax account」という確認メールが届くので「Confirm email」をクリックしてメールアドレスを承認してください。
  3. パスワードを入力したのち、有料にすれば受信もできるよと記載がありますが、送信だけでいいので「No thanks, I'm good」をクリックする。

無料でFAXを送信する手順

Dropbox FaxでFAXを送信する手順

管理画面の左上にある「Send a fax」から送信できます。すでに上限に到達している場合には「Get free pages」より条件達成で枚数を増やす事もできます。

日本国内に送信する場合

日本を表す番号「+81」に、FAX番号先頭の「0」を抜いた入力します。たとえば「03-999-99○○」→「+081399999○○」で送信すれば届きます。

Dropbox Fax(旧名:Hellofax)

Dropbox Fax:料金プラン
今時店長
今時店長
いくつもの無料サービスが終了しましたが、このサービスだけは10年以上つかえています。メアドだけで使えるのもいいですね。

ちょっと一枚送れる有料サービス

月額サービスを契約するほど使わない

今すぐ、ちょっと1枚だけ送信したいときに使えるサービス。

スマホでFAX45(送信専用)

スマホでFAX45

会員登録不要で使えるFAX送信専用のサービス

スマホでFAX45は、会員登録不要、1枚45円で利用できるFAX送信専用のサービスです。FAXの受信機能はついていません。スマホというネーミングですが、パソコンの利用にも対応しています。

FAX送信エラー時には支払いはキャンセルされる

FAX送信がエラーとなった場合には、クレジットカード決済は自動的にキャンセルされます。また、それに関するキャンセル手数料などは一切掛かりません。

スマホでFAX45

今時店長
今時店長
料金は少し高いですが、こんなものでしょう。クレジットカード決済のみで、名前、住所などの入力は面倒です。

まとめ

まとめ

本記事では、無料で利用できるインターネットFAXサービスについて解説しました。紹介した海外の2つのサービスは、送信に特化していますが、英語での操作が必要となります。しかし、手順自体は簡単なので、ぜひ挑戦してみてください。

無料サービスは便利ですが、枚数や宛先に制限があるなど、機能面で物足りなさを感じる方もいるかもしれません。そのような方には、手軽に利用できる有料サービスがおすすめです。

インターネットFAXは、ペーパーレス化や場所を選ばないやりとりを可能にする便利なツールです。無料サービスから始めて、徐々に自分に合ったサービスを見つけていくのも一つの方法です。

本記事が、インターネットFAXサービスを選ぶ際の参考になれば幸いです。

あわせてチェックしてほしいサービス

インターネットFAXの比較はこちら。

インターネットFAX徹底比較
2024年版|インターネットFAX徹底比較《おすすめはココ》よくわかる料金・機能の比較表掲載!

パソコン、または、スマートフォンを利用して、オンラインで使えるインターネットファックス(電子FAX)について、人気サービスの料金や機能を比較、口コミや評判を交えて各サービスの特徴をわかりやすく解説しま ...

ホームページ作成ツールの比較はこちら。

2024年版|ホームページ作成ツール徹底比較《おすすめはココ》よくわかる料金比較表・操作動画掲載!

初心者でも自分でホームページが作れる、オンラインサービス・ソフトをご紹介します。お店のホームページ、企業のコーポレートサイト、副業のアフィリサイト、個人のポートフォリオ作成まで、サービス選びの参考にど ...

ネットショップ作成ツールの比較はこちら。

ECショッピングカート全データ徹底比較!オススメもご紹介
【2024年最新版】ECショッピングカートを完全比較!よくわかる比較表で違いが一目瞭然

これからネットショップを開設したい方に向けて、全16種類のECショッピングカートを徹底比較しました。当サイトは10年以上の運営歴があり、比較表もわかりやすくするために改善を重ねてきました。 1枚の比較 ...

最後まで読んで頂きありがとうございました。
また新しい情報などあれば更新していきます。

\ こちらの記事をシェアする /
  • この記事を書いた人
今時店長

今時店長

楽天市場の某大型サイトにて、2005年~2013年まで運営責任者を務める。その経験を活かし、2013年に楽天市場のショップへのサポートを目的に当サイトを立ち上げました。2016年に情報サイトとしてリニューアル、より幅広い層の方々にオンラインビジネスのノウハウやアドバイスを提供しています。

運営企業情報(プロフィール・運営理念)
掲載依頼・お問い合わせ
誤り報告フォーム

\基本料金30日間割引はコチラ/

-ビジネスサービス
-