グーペとワードプレスを徹底比較

広告 ホームページ作成

真逆の存在!?グーペとワードプレスを徹底比較!必要スキル・料金の違いなどをわかりやすく解説

グーペ(Goope)と、ワードプレス(WordPress)の違いについて、初心者の方にもわかりやすく解説します。

\15日間の無料体験を今すぐスタート /

基礎知識

どちらもホームページを作ることができる

goope
WordPress

グーペは、店舗向けのホームページ作成ツールです。機能としてブログ機能も搭載しています。つまり、ホームページ&ブログの運営が同時にできます。

WordPressは、主にブログを作成するツールです。カスタマイズすればお店のホームページとしても利用することができます。

開始までのプロセスに大きな違いがある。

 
グーペ
WordPress
イメージ
パソコン
すぐ使える
レンタルサーバー契約
手間と時間は掛かる
所要時間
2~3分程度
数十分~数時間
開始手順
グーペと契約をする
1.レンタルサーバー契約
2.WordPressインストール
3.WordPress設定する

グーペは登録してすぐ使える《数分程度》

グーペは、無料会員登録をすれば、すぐにホームページの制作をはじめることができます。インストールや面倒な設定も必要ありません。

WordPressは、レンタルサーバーにインストールして利用します。最近は自動インストールで手間は軽減されましたが、グーペほどの手軽さはありません。

グーペはスマホだけでもホームページが作れる。

グーペは、スマホだけでもホームページが作れるように最適化されています。一方、WordPressは、パソコンがないとホームページを作るのはきびしいです。

WordPressはプラグインでほしい機能を追加できる。

WordPressは「プラグイン」を追加して色々な機能を増やすことができます。とても多機能に使えますが、それを使いこなす知識は必要です。

WordPressは定期的なアップデートも必要になる。

WordPressは、セキュリティ面も含めて自分で管理する必要があります。グーペは、運営側がすべて最適化してくれるのでメンテナンスなどの手間は掛かりません。

実は両者は真逆の存在にあります。

  • グーペ・・・初心者向け。
  • ペライチ・・・中級者向け。
  • WordPress・・・上級者向け。

二つのサービスの中間として「ペライチ」をあげてみました。

初心者向けが劣るというわけではありません。

グーペは、初心者向けだから完成ページも素人風というわけではありません。初心者でも、プロ仕様のホームページが作れるように最適化されたサービスです。

逆に、初心者の方がWordPressなどに手を出すと素人風のホームページが完成します。自分のスキルと掛けられる時間を考えてサービスを選んでみてください。

グーペ(無料おためし15日間はこちら)

今時店長
今時店長
まずは、グーペをためしてみてください。物足りないと感じたら、WordPressよりも先に「ペライチ」あたりが候補になります。

料金で比較

毎月の料金は”WordPress”の方が安く済ませることができます

レンタルサーバー

毎月の固定費は、レンタルサーバーを借りるWordPressの方が安いです。下記に国内シェア第一位である「※エックスサーバー」の料金と比較してみました。

 
グーペ
WordPress
初期費用
無料
3,000円
月額費用
ライト
1年契約:1,100 (税込)
1/3/6ヶ月契約:1,650円 (税込)
スタンダード
1年契約:3,300 (税込)
1/3/6ヶ月契約:3,850円 (税込)

料金プランの比較
x10プラン:900円~

どちらもSSL化は無料で対応できる。

グーペはSSL化は無料

グーペ、WordPress(エックスサーバー)、どちらも無料でSSL化することができます。独自ドメインも無料で設定できます。※ドメイン取得には別契約が必要です。

今時店長
今時店長
毎月の料金で比較するなら、WordPressの方が費用は掛かりません。容量で比較しても圧倒的に余裕があります。
超イケてる!WordPressテーマ徹底比較!デモサイト50種類以上掲載
超イケてる!おすすめWordPress商用テーマ徹底紹介【全92種類】デモ・見本サイトまとめ

WordPressでホームページやブログを作成する際に重要なのが、テーマ選びです。数多くのテーマの中から、目的や好みに合ったものを見つけるのは大変ですよね。 そこで今回は、数あるWordPressテー ...

デザイン面を比較

どちらを選んでもプロ仕様のホームページは作れる

WEBデザイン

グーペでも、WordPressでも、制作者にスキルさえれば、どちらのサービスを選んでもクオリティの高いホームページは作れます。

下記に、グーペで作られてサイトの制作事例、WordPressで利用できる定番の有料テンプレート2つを掲載したので比較してみてください。

グーペで作られたサイト一例

GALLERY  GYOKUEI
GALLERY GYOKUEI

GYOKUEI ギャラリー玉英

gyokuei.tokyo

シシデザイン/ShiShiDesign | 北海道苫小牧市の小さなグラフィックデザイン工房
シシデザイン/ShiShiDesign | 北海道苫小牧市の小さなグラフィックデザイン工房

www.shi-shi-design.com

WordPressのテンプレート一例《有料》

THE THOR(ザ・トール)
THE THOR(ザ・トール)

SEO・デザイン・機能の3拍子揃った国内最高峰のWordPressテーマ「ザ・トール」

続きを見る

オシャレで高機能なWordPressテーマ「STREETIST」
オシャレで高機能なWordPressテーマ「STREETIST」

オシャレなデザインで表示も高速なテーマを配布しているWordPressテーマ販売サイトです。

続きを見る

今時店長
今時店長
WordPressもビジネス用途で利用するならば、上記であげたような有料テンプレートを推奨します。無料とは全然違います。

まとめ

まとめ

グーペ(Goope)と、ワードプレス(WordPress)の違いについて、初心者の方にもわかりやすいように解説しました。

グーペは初心者向け、WordPressは上級者向け、両者は真逆のような存在であまり比較対象にはならないというのが個人的な見解です。

あとは無料体験等を利用して、実際にためして検討してみてください。

あわせて読みたい

ホームページ作成ツールの比較はこちら。

2024年版|ホームページ作成ツール徹底比較《おすすめはココ》よくわかる料金比較表・操作動画掲載!

初心者でも自分でホームページが作れる、オンラインサービス・ソフトをご紹介します。お店のホームページ、企業のコーポレートサイト、副業のアフィリサイト、個人のポートフォリオ作成まで、サービス選びの参考にど ...

WordPressのテーマ選びはこちら。

超イケてる!WordPressテーマ徹底比較!デモサイト50種類以上掲載
超イケてる!おすすめWordPress商用テーマ徹底紹介【全92種類】デモ・見本サイトまとめ

WordPressでホームページやブログを作成する際に重要なのが、テーマ選びです。数多くのテーマの中から、目的や好みに合ったものを見つけるのは大変ですよね。 そこで今回は、数あるWordPressテー ...

最後まで読んで頂きありがとうございました。
また新しい情報などあれば更新していきます。

\ こちらの記事をシェアする /
  • この記事を書いた人
今時店長

今時店長

楽天市場の某大型サイトにて、2005年~2013年まで運営責任者を務める。その経験を活かし、2013年に楽天市場のショップへのサポートを目的に当サイトを立ち上げました。2016年に情報サイトとしてリニューアル、より幅広い層の方々にオンラインビジネスのノウハウやアドバイスを提供しています。

運営企業情報(プロフィール・運営理念)
掲載依頼・お問い合わせ
誤り報告フォーム

\15日間の無料体験を今すぐスタート /

-ホームページ作成
-,