【完全比較】Ameba Ownd vs グーペ|ホームページ作成に最適なのはどっち?実際の使用感をレビュー

広告 ホームページ作成

Ameba Ownd vs グーペ 完全比較!料金・機能・評判の違い丸わかり!

初心者でも扱えるホームページ作成サービス「Ameba Ownd(アメーバオウンド)」と「グーペ」を比較しました。

料金や仕様などの基本的な情報から、実際に利用してみた感想なども加えて2つのサービスを比較しています。ぜひ、参考にしてみてください。

\15日間の無料体験を今すぐスタート /

サービス概要

Ameba Ownd と グーペ の特徴を簡単にご紹介

Ameba Ownd
goope

まずは、ホームページ作成サービス「Ameba Ownd(アメーバオウンド)」と「グーペ(Goope)」について、サービスの基本的な特徴などを簡単にご紹介します。

Ameba Ownd(アメーバオウンド)の特徴

アメーバ オウンドとは

サイバーエージェントが提供するホームページ作成ツール

Ameba Ownd(アメーバオウンド)は、「ABEMA」や「アメブロ」を運営する株式会社サイバーエージェントが提供するホームページ作成ツールです。無料プランでは、豊富なデザインテーマから好みのものを選択でき、Instagram・Twitterとの連携、ブログ機能など、オウンドメディア構築に役立つ機能が満載です。

無料版はスマホ表示に目立つ広告が入ります。

Ameba Owndは、シンプルなデザインが特徴で、個人ブログ、美容室、webメディア、カフェ・お店、写真・ポートフォリオなど、様々なニーズに対応しています。ただし、無料プランでは、特にスマホ表示に目立つ広告が表示されることに注意が必要です。

関連記事:Ameba Owndってどう?評判から紐解くメリット・デメリットまで徹底解説!

Ameba Ownd

グーペ(Goope)の特徴

グーペ(Goope)

グーペは店舗向けのホームページ作成ツール

グーペは、店舗向けの有料ホームページ作成ツールです。飲食店、雑貨店、美容室、整体院など、質問される選択項目を選ぶことで、あなたの業種に合わせたホームページを作成できます。

文字入力だけでメニューやスタッフ紹介ページが作成可能

グーペは店舗向けの専用ツールです。商品やサービスのメニュー、スタッフの紹介、店頭で使えるクーポン、営業日カレンダー、求人ページなどを、専用の入力フォームに記入するだけで作成できます。ページの作成だけでなく、レイアウトまで自動的に完成します。

さらに、グーペにはイベント予約機能も搭載されており、日時の決まったレッスンやセミナー、ライブ、ワークショップなどの予約受付をホームページ内で完結できます。

関連記事:グーペ(Goope)の評判どう?実体験をもとにメリット・デメリットを徹底解説!

グーペ(無料おためし15日間はこちら)

ホームページ作成サービスには、Ameba Ownd や グーペ 以外にも多くの選択肢があります。

無料プランのみのサービスを探している方は、「無料でパッと作れるホームページ作成ツール10選!上広告なし・おすすめサービスを順番に紹介」 無料でパッと作れるホームページ作成ツール」で各サービスの特徴を詳しくチェックできます。

月額有料のプランも視野に入れてサービスをお探しの方は、「2024年版|ホームページ作成ツール徹底比較《おすすめはココ》よくわかる料金比較表・操作動画掲載!」 で、料金プランや機能面での比較が可能です。

ご自身のニーズに合った、最適なホームページ作成サービスを見つけてください。

基本料金と仕様の比較

料金プランと基本的な仕様の比較(表形式)

Ameba Owndとグーペの基本料金・仕様を比較

まずは、基本料金(初期費用、月額費用)、ページ数・容量、契約期間、独自ドメイン利用の有り無しなど、基本的な仕様について比較表にまとめました。

サービス名称
Ameba Ownd
(アメーバオウンド)
グーペ
(Goope)
運営事業者
株式会社サイバーエージェント
GMOペパボ株式会社
料金
初期費用
無料
3,300 (税込)
月額費用
ベーシック
0
プレミアム
月間プラン
960 (税込)

年間プラン
9,600 (税込)
※2ヶ月分お得

料金プランの比較
ライト
1年契約:1,100 (税込)
1/3/6ヶ月契約:1,650円 (税込)
スタンダード
人気
1年契約:3,300 (税込)
1/3/6ヶ月契約:3,850円 (税込)

料金プランの比較
ページ数・容量
ベーシック
3

プレミアム
無制限
ライト
5GB

スタンダード
50GB
広告非表示
プレミアム
広告はつきません
最短契約期間
1ヶ月
1ヶ月
URL
独自ドメイン
独自ドメインとは
プレミアムプラン限定
※サブドメイン
全プラン対応
常時SSL化
標準対応
標準対応
デザイン
テンプレート数
54種類
約40種類
HTML編集
△※パーツのみ
制作環境
パソコン
スマホ
サポート
電話
◯※
メール
補足事項
サポート窓口はメールだけです。 ※スタンダードプランのみ電話サポートがつきます。
備考欄
2024年4月15日より、ベーシックプラン(無料プラン)の仕様変更により、独自ドメインは利用不可、公開ページ数は10ページ→3ページまで、画像ストレージは1GB→500MBまでに変更されます。 参照元 独自ドメインは他社サービスで取得したものでも利用できます。スタンダードプランは、ドメインの新規取得、管理なども無料で利用できます。
公式サイトで詳しく

独自ドメインとは?初心者にもわかりやすく解説

独自ドメインとは、自分専用のオリジナルウェブサイトアドレスのこと

当サイトの独自ドメイン

独自ドメインとは、「www.自分のお店の名前.com」のように、自分だけのウェブサイトアドレスのことです。お店のホームページを作成する際は、独自ドメインを取得することをおすすめします。

独自ドメインを使うメリット

  • お店の知名度と信頼性が向上します
  • 名刺やチラシに載せると効果的な宣伝になります
  • ウェブサービス会社を変更してもアドレスはそのまま使えます
  • 検索エンジンで上位表示されやすくなります
  • メールアドレスもお店の名前で統一できます

お店のホームページには独自ドメインが不可欠です

独自ドメインは専門のサービスから取得しましょう。そうすれば、ホームページを移転しても独自ドメインはそのまま使えて便利です。

独自ドメインを活用することで、お店の信頼性とブランドイメージが高まります。

Ameba Ownd のベーシックとプレミアムの違い

機能
無料プラン(ベーシック)
有料プラン(プレミアム)
ページ数
最大3ページまで
無制限
画像ストレージ
500MBまで
無制限
広告(PC・モバイル)
表示される
非表示
Owndヘッダ/フッタ
表示される
非表示
独自ドメイン
利用できない
利用可能

無料版は独自ドメインは使えません

2024年4月15日より、ベーシックプラン(無料プラン)の仕様変更により、独自ドメインは利用不可、公開ページ数は10ページ→3ページまで、画像ストレージは1GB→500MBまでに変更されました。

グーペのプラン比較

機能・サービス ライト スタンダード
タイプ 作成・運用に必要な機能がひと揃い。今すぐホームページをスタートできる。 ライトプランの機能に加え、すべての有料オプションがご利用いただけます。
初期費用 3,300円
月額料金 1,100円 (12か月契約)
1,650円 (1/3/6か月契約)
3,300円 (12か月契約)
3,850円 (1/3/6か月契約)
     
ページ数 無制限
独自ドメイン 設定 無料
新規取得・管理 330円〜/月 (有料オプション) 無料
メールアドレス 10個 100個
SSL 無料(有料オプションあり) 無料
オンライン予約受付 サービス作成 10件
20件
日程枠 30件 90件
ディスク容量 5GB 50GB
メール保存容量 5GB (1アドレス毎)
テンプレートカスタマイズ 対応
SNS連携 対応
メールマガジン配信 対応
お問い合わせフォーム設置 対応
サポート メール 電話・メール

ライトプランとスタンダードプランの主な違いは、以下の5つの項目にあります。

  • 独自ドメイン
  • SSL
  • オンライン予約受付
  • ディスク容量
  • 電話サポート

独自ドメインについては、ライトプランでは月額固定費で取得可能ですが、スタンダードプランでは無料で取得・利用できます。

SSLに関しては、ライトプランでも無料SSLを利用できます。有料SSLオプションもありますが、多くの場合、無料SSLで十分対応可能です。

オンライン予約受付は、スタンダードプランの方がサービス作成数や日程枠が多くなっています。

ディスク容量は、ライトプランが5GB、スタンダードプランが50GBと、スタンダードプランの方が大容量となっています。

Ameba Owndとグーペの基本料金と仕様の違い

基本料金と仕様の違いを比較しました
  • 編集環境は、どちらもパソコン、スマートフォンに対応
  • Ameba Owndは無料プランあり。グーペは全て有料プラン
  • 独自ドメインは、Ameba Owndは有料プラン限定。グーペの上位プランは独自ドメイン料金も含まれる
  • テンプレートは、Ameba Owndは54種類。グーペは約40種類で有料テンプレートもある
  • 有料プランの月額料金は、Ameba Owndのプレミアムプランとグーペのライトプランで同等
  • Ameba Owndの無料プランは、2024年4月15日より仕様変更あり。ページ数や容量に制限
  • グーペは予約機能あり。Ameba OwndはBASEと連携したネットショップ機能あり
  • サポートは、Ameba Owndはメールのみ。グーペは電話・メール対応
  • グーペはメールサーバー機能があり、独自ドメインのメールアドレスを作成可能
今時店長
今時店長
Ameba Owndは無料プランあり、グーペは全て有料です。独自ドメインはAmeba Owndは有料プラン限定、グーペの上位プランは料金に含まれています。グーペは予約機能、Ameba Owndはネットショップとの連携機能があります。サービス内容や使い勝手を考慮して選びましょう。

デザインを比較

制作事例を比較

Ameba Owndとグーペの導入事例・ショップ事例を比較

Ameba Ownd と グーペ、それぞれ実際に運用されているサイトのデザインを確認してみましょう。

サービス名称
Ameba Ownd
(アメーバオウンド)
グーペ
(Goope)
制作事例を見る ▶

Ameba Owndのデザイン特徴

Ameba Owndのサイト制作に関する動画

アメーバオウンドの公式紹介動画では、実際にオウンドメディアをデザインしている様子を見ることができます。

Ameba Owndのテーマは全て無料で利用できる

Ameba Owndのテーマは全て無料で利用できる

Ameba Owndには、ブログ用13種類とホームページ用41種類の合計54種類の無料テーマが用意されています。シンプルなデザインから、ビジネス向けまで幅広いバリエーションがあるので、目的に合わせて選べます。

ブロックを選んで貼り付けてレイアウトを完成する

アメーバオウンドでブロックを貼り付けている様子

Ameba Owndでは、様々な種類のブロックを追加してページを作成できます。テキストや画像、ビデオ、リンクなどの基本的なブロックに加え、区切り線やボタン、見出し、記事一覧なども用意されています。

さらに、InstagramやFacebookとの連携ブロックを使えば、SNSとの相互誘導も可能。HTMLコードを直接埋め込めるブロックもあるので、カスタマイズの幅が広がります。

グーペのデザイン特徴

グーペのサイト制作に関する動画

公式の動画で紹介されているように、グーペではホームページの基本設定を編集する際、主にウィザード形式(選択式)が採用されています。

テンプレートは有料と無料の2種類ある

グーペのテンプレートは有料と無料の二種類ある

グーペでは、約40種類のテンプレートを提供しています。テンプレートには無料のものと有料のものがあり、多様なデザインやニーズに対応しています。

無料テンプレートは21種類あり、ホームページ作成を手軽に始められます。一方、有料テンプレートは14種類あり、価格は11,000円の買い切りです。有料テンプレートは、より高度なデザインや機能を備えています。

テンプレートの中には、minne(ミンネ)と連携できるものや、カラー変更が可能なものがあります。minne連携対応のテンプレートを使えば、グーペとminneの両方でショップ運営ができます。また、カラー変更可能なテンプレートを選べば、ブランドイメージに合わせてデザインをカスタマイズできます。

入力フォームに情報を登録するだけでホームページが完成できる

ユーザーは、用意された入力フォームに必要な情報を登録していくことで、ホームページを完成させることができます。

グーペ、スタッフ紹介の入力ページサンプル
グーペの「スタッフ紹介」より情報を入力している様子

上の画像は、グーペのスタッフ紹介ページの入力フォームです。この入力フォームのように、グーペでは店舗情報、メニュー、クーポン、求人ページなど、ホームページに必要な各セクションごとに専用の入力フォームが用意されています。

ユーザーは、これらの入力フォームの項目に沿って、必要な情報を入力していくだけで、自然とホームページが完成します。入力フォームには、ホームページに掲載すべき情報の項目が網羅されているため、「ホームページに何を書けばいいのかわからない」という悩みも解消できます。

シンプルで使いやすいカレンダー機能を搭載している

グーペのカレンダー機能

グーペには、シンプルで使いやすいカレンダー機能が搭載されています。カレンダー上の日付ごとに表示されている「+」ボタンをクリックすると、その日付に関する告知を簡単に入力できます。

お店のホームページに掲載されたカレンダーに反映される
お店のホームページにイベント追加が反映されている様子

このカレンダー機能を使えば、イベントや休業日、キャンペーンなどの情報を日付ごとに管理し、お客様に分かりやすく伝えることができます。直感的な操作で、素早く情報を入力できるので、効率的にホームページを更新できます。

一方、イベントの詳細情報を別の記事やページで紹介する場合は、カレンダーの日付から、その記事やページへのリンクを設定できます。これにより、お客様はカレンダーから詳細情報へ簡単にアクセスできるようになります。

グーペのサイト制作に関する機能

お知らせ、ブログ、カレンダー、フォトアルバム、フリーページ、店舗情報、スタッフ紹介、メニュー、クーポン、求人ページ、予約機能など。

今時店長
今時店長
Ameba Owndとグーペは、サイト作成の方法に違いがあります。Ameba Owndは、ユーザー自身がサイトを1から構築していく必要があるのに対し、グーペはスタッフ紹介、メニュー、求人ページなど、あらかじめ設定された入力フォームに登録していくだけでレイアウトができます。初心者でも簡単に使えるのは、グーペです。

機能面での比較(表形式)

ホームページの機能面を比較してみました

Ameba Owndとグーペの機能を比較

ホームページであると便利な機能面について比較してみました。最近では、ネットショップで、事前予約や販売機能がついているサービスが増えています。

サービス名称
Ameba Ownd
グーペ
問合せフォーム
予約機能
決済機能
(ネットショップ)
◯※
ブログ機能
メールマガジン
アクセス解析
Googleアナリティクス連携
備考欄
BASEを利用した、ネットショップの商品を簡単に掲載することができます。 ライトプランから、全ての機能が利用できます。ホームページへの問合せは、グーペの管理画面でメッセージなどを確認できます。
公式サイトで詳しく

本格的なネットショップを開設したい方は「【2024年最新版】無料ネットショップ開設サービス徹底比較!おすすめアプリをご案内」 もチェックしてみてください。

また、予約サイトの作成を検討している方は「2024年版|無料で使えるネット予約システムを徹底比較!広告なし・アプリ対応・Google連携などわかりやすく解説」 も参考になるでしょう。

Ameba Owndは、ブログやネットショップ機能も搭載している

アメーバオウンドとBASEを連携する

アメーバオウンドにはブログ投稿機能が搭載されているため、オウンドメディアにブログを簡単に組み込むことができます。さらに、「BASE」で開設したネットショップの商品情報を取り込んでアメーバオウンド上に掲載できる「ショップ開設」機能も備わっています。

これらの機能により、初心者でも簡単にオウンドメディアを作成し、ブログやネットショップを運営することができます。アメーバオウンドを活用することで、効果的なオウンドメディアを構築することも可能です。

グーペは、管理画面でメールの問い合わせを確認・返信できる

グーペは問合せを管理画面で確認できる

グーペの管理画面には、ホームページへの問い合わせメールを確認し、返信できる機能が備わっています。この機能により、お客様からの問い合わせ内容を容易に把握し、スムーズにコミュニケーションを取ることができます。

また、管理画面ではメールの一斉送信も可能です。登録ユーザーに対して、イベントの案内やキャンペーンの告知などを一斉に送信したい場合に、この機能を活用できます。

今時店長
今時店長
グーペとAmeba Owndを機能面で比較すると、グーペの方が充実しているといえます。特に、ホームページへの問い合わせ管理については、グーペは管理画面から一元管理が可能で、メールの一斉送信にも対応しています。これにより、顧客とのコミュニケーションを効率的に行えます。一方、Ameba Owndには問い合わせフォームの機能がないため、この点では物足りなさを感じてしまうかもしれません。
メール配信システムを徹底比較
2024年版|メール配信システムを徹底比較!おすすめタイプ別の料金一覧

ネットビジネスでは必須とも言える、メール配信システムについて比較してみました。お店でメールマガジンを導入したい、一斉送信メールやステップメールの導入を考えてる方は、こちらの記事を参考にしてください。 ...

口コミ・評判|気になるクチコミをピックアップ

Ameba Ownd と グーペの口コミ・評判をご紹介

Ameba Owndとグーペの口コミや評判をピックアップしてご紹介

Ameba Owndとグーペに関連する、個人的に気になった口コミをピックアップしてご紹介します。

Ameba Owndの口コミ・評判

アメーバオウンドは簡単に作れたという口コミが多いです。

アメーバオウンドは、メールフォームが無いのが欠点という声も多いです。ここは、外部サービスとあわせて活用しましょう。

アメーバオウンドにお問合せフォームを設置する方法
【簡単】アメーバオウンドにお問合せフォームを設置する!無料で使える”formrun”の埋め込み手順を解説

Ameba Ownd(アメーバオウンド)に無料でお問い合わせフォームをつける方法について解説します。 アメーバオウンドをビジネス用途で利用している場合などで、メールでのお問合せフォームをつけたいという ...

グーペの口コミ・評判

グーペは誰でも簡単にホームページが作れるから便利という口コミがありました。料金的にもリーズナブルという声が多いです。

グーペは、簡易的な予約機能とカレンダー機能を搭載しています。ユーザーの声に公式が反応しているのも好印象です。

結論:どっちが最適なの?自分に合ったサービスの選び方

まとめ

初心者でも扱えるホームページ作成サービス「Ameba Ownd(アメーバオウンド)」と「グーペ」を比較しました。

料金や仕様などの基本的な情報から、実際に利用してみた感想なども加えて2つのサービスを比較しています。ぜひ、参考にしてみてください。

Ameba Owndは、こんな方におすすめ

  • 無料でホームページを作成したい方
  • ブログ機能を活用したい方
  • BASEと連携してネットショップを運営したい方
  • デザインテーマを選んで、簡単にサイトを作りたい方
  • オウンドメディアを構築したい方

Ameba Ownd

グーペは、こんな方におすすめ

  • 店舗向けのホームページを作成したい方
  • 予約機能やメールフォームを活用したい方
  • ウィザード形式で簡単にサイトを作成したい方
  • スタッフ紹介や求人ページなどを簡単に作成したい方
  • 管理画面から問い合わせ内容を確認したい方

グーペ(無料おためし15日間はこちら)

サービス選びのポイント

Ameba Owndは無料プランがあり、ブログ機能やBASE連携によるネットショップ運営が可能です。オウンドメディアの構築に適しています。

一方、グーペは店舗向けの機能が充実しており、ウィザード形式で手軽にサイトが作れるのが特長です。予約機能やスタッフ・求人ページの作成も簡単です。

ニーズに合わせて、Ameba Owndとグーペを使い分けることが重要でしょう。

あわせて読みたい

Ameba Owndのメリットはこちら。

Ameba Owndってどう?評判から紐解くメリット・デメリットまで徹底解説!
Ameba Owndってどう?評判から紐解くメリット・デメリットまで徹底解説!

Ameba Owndは、誰でも簡単にホームページが作成できるサービスとして人気ですが、実際の評判はどうなのでしょうか。 メリットやデメリットについても気になりますよね。 そこで今回は、Ameba Ow ...

グーペのメリットはこちら。

グーペ(Goope)の評判どう?実体験をもとにメリット・デメリットを徹底解説!
グーペ(Goope)の評判どう?実体験をもとにメリット・デメリットを徹底解説!

グーペは、初心者でも簡単にお店のホームページを作成できるサービスとして知られています。 でも実際のところ、利用者の評判はどうなのでしょうか。メリットやデメリットについても気になりますよね。 そこで今回 ...

ホームページ作成ツールの比較はこちら。

2024年版|ホームページ作成ツール徹底比較《おすすめはココ》よくわかる料金比較表・操作動画掲載!

初心者でも自分でホームページが作れる、オンラインサービス・ソフトをご紹介します。お店のホームページ、企業のコーポレートサイト、副業のアフィリサイト、個人のポートフォリオ作成まで、サービス選びの参考にど ...

最後まで読んで頂きありがとうございました。
また新しい情報などあれば更新していきます。

\ こちらの記事をシェアする /
  • この記事を書いた人
今時店長

今時店長

楽天市場の某大型サイトにて、2005年~2013年まで運営責任者を務める。その経験を活かし、2013年に楽天市場のショップへのサポートを目的に当サイトを立ち上げました。2016年に情報サイトとしてリニューアル、より幅広い層の方々にオンラインビジネスのノウハウやアドバイスを提供しています。

運営企業情報(プロフィール・運営理念)
掲載依頼・お問い合わせ
誤り報告フォーム

\15日間の無料体験を今すぐスタート /

-ホームページ作成
-, ,