ジンドゥー vs STUDIO|ホームページ作成に最適なのはどっち?機能や料金の違いを解説

広告 ホームページ作成

ジンドゥー vs STUDIO 完全比較!料金・機能・評判の違い丸わかり!

初心者でも扱えるホームページ作成サービス「Jimdo(ジンドゥー)」と「STUDIO(スタジオ)」を比較しました。

料金や仕様などの基本的な情報から、実際に利用してみた感想なども加えて2つのサービスを比較しています。ぜひ、参考にしてみてください。

\今すぐ無料ではじめる/

サービス概要

ジンドゥー と STUDIO の特徴を簡単にご紹介

まずは、ホームページ作成サービス「ジンドゥー(Jimdo)」と「STUDIO(スタジオ)」について、サービスの基本的な特徴などを簡単にご紹介します。

ジンドゥー(Jimdo)の特徴

ジンドゥー

国内でもトップクラスのホームページ作成サービス

Jimdo (ジンドゥー)は、国内でもトップクラスの人気を誇る、無料から使えるホームページ作成サービスです。元はドイツの企業が運営するサービスですが、国内ではKDDIウェブコミュニケーションズが協業パートナーとして展開しています。

ユーザーに合わせた2つの作成モードを選択可能

ジンドゥーには、選択式でページを自動的に作成できる「AIビルダー」と、自分でレイアウトを決めることができる「クリエイター」という、2つの作成モードが提供されています。各モードで使える機能や料金プランなどが異なります。

なお、ネット販売の決済機能は「クリエイター」でないと使えません。オンラインショップを開設する場合は、「クリエイター」モードを選択する必要があります。

関連記事:ジンドゥーの評判どう?実体験をもとにメリット・デメリットを徹底解説!

ジンドゥー(無料ではじめる)

STUDIO(スタジオ)の特徴

STUDIO(スタジオ)

ゼロからノーコードで自由自在にデザインできる。

STUDIOは、ゼロからコードやテンプレートに縛られることなく、自由自在にWebサイトをデザインすることをコンセプトに作られたWEBツールです。Facebook、または、Google、アカウントで利用することができます。

Freeプランは月間10,000PVの制限がついている。

Freeプランは、無料でページ数などの制限なく利用できます。ただし、公開したホームページには月間10,000PVまでという、制限がついています。無料版は、あくまでもおためし程度と理解して取り組みましょう。

関連記事:【ノーコード】STUDIOの評判どう?実体験をもとにメリット・デメリットを徹底解説!

STUDIO

ホームページ作成サービスには、ジンドゥー や STUDIO 以外にも多くの選択肢があります。

無料プランのみのサービスを探している方は、「無料でパッと作れるホームページ作成ツール10選!上広告なし・おすすめサービスを順番に紹介」 無料でパッと作れるホームページ作成ツール」で各サービスの特徴を詳しくチェックできます。

月額有料のプランも視野に入れてサービスをお探しの方は、「2024年版|ホームページ作成ツール徹底比較《おすすめはココ》よくわかる料金比較表・操作動画掲載!」 で、料金プランや機能面での比較が可能です。

ご自身のニーズに合った、最適なホームページ作成サービスを見つけてください。

基本料金と仕様の比較

料金プランと基本的な仕様の比較(表形式)

ジンドゥーとSTUDIOの基本料金・仕様を比較

まずは、基本料金(初期費用、月額費用)、ページ数・容量、契約期間、独自ドメイン利用の有り無しなど、基本的な仕様について比較表にまとめました。

サービス名称
ジンドゥー
(Jimdo)
STUDIO
(スタジオ)
運営事業者
株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ
STUDIO株式会社
料金
初期費用
無料
無料
月額費用
AI ビルダー(プラン)
PLAY:0
START:990 (税込)

GROW:1,590 (税込)
クリエイター(プラン)
FREE:0

PRO:1,200 (税込)

人気
BUSINESS:2,600 (税込)

SEO PLUS:4,250 (税込)

PLATINUM:5,330 (税込)

※全て1年契約時の料金
料金プランの比較
FREE (PV:10,000/月)
0
Starter (PV:50,000/月)
年払い:980 (税込)
月払い:1,480円(税込)
CMS (PV:100,000/月)
人気
年払い:2,480 (税込)
月払い:3,280円(税込)
Business (PV:100万/月)
年払い:4,980 (税込)
月払い:5,680円(税込)

料金プランの比較
ページ数・容量
AI ビルダー(プラン)
PLAY:5(500MB)

START:10(5GB)

GROW:50(15GB)
クリエイター(プラン)
FREE:500MB

PRO:5GB

BUSINESS以上:無制限
制限なし(デザインデータの容量に上限があるため無制限ではありません)
広告非表示
START ・PRO以上
Starter以上
最短契約期間
AI ビルダー:1ヶ月
クリエイター:1年間
1ヶ月
URL
独自ドメイン
独自ドメインとは
Start、Pro以上
Starter以上
常時SSL化
標準対応
標準対応
デザイン
テンプレート数
約40種類
180種類以上
HTML編集
制作環境
パソコン
◯※Chrome限定
スマホ
サポート
電話
メール
補足事項
サポート窓口はメールだけです。 電話、メールでの問い合わせ窓口はありません。チャット、機能要望・不具合の報告、コミュニティが提供されています。有人による調査・ご案内は、有料プランご契約中プロジェクト限定となります。
備考欄
独自ドメインは有料プランの初回契約時に無料提供されます。有料プランの更新時には、別途ドメイン費用も発生します。他社サービスで取得した、独自ドメインも利用できます。 ブラウザはパソコン版「GoogleChrome」のみ対応です。独自ドメインはStarterプラン以上、他社サービスで取得したものでも利用できます。
公式サイトで詳しく

独自ドメインとは?初心者にもわかりやすく解説

独自ドメインとは、自分専用のオリジナルウェブサイトアドレスのこと

当サイトの独自ドメイン

独自ドメインとは、「www.自分のお店の名前.com」のように、自分だけのウェブサイトアドレスのことです。お店のホームページを作成する際は、独自ドメインを取得することをおすすめします。

独自ドメインを使うメリット

  • お店の知名度と信頼性が向上します
  • 名刺やチラシに載せると効果的な宣伝になります
  • ウェブサービス会社を変更してもアドレスはそのまま使えます
  • 検索エンジンで上位表示されやすくなります
  • メールアドレスもお店の名前で統一できます

お店のホームページには独自ドメインが不可欠です

独自ドメインは専門のサービスから取得しましょう。そうすれば、ホームページを移転しても独自ドメインはそのまま使えて便利です。

独自ドメインを活用することで、お店の信頼性とブランドイメージが高まります。

ジンドゥーのAIビルダーとクリエイターの違い

ジンドゥーには、AIビルダーとクリエイターという2つの編集モードがあります。この2つのモードについて、デザインや機能など違う点をまとめてみました。

機能
ジンドゥー AIビルダー
ジンドゥークリエイター
AIの作成アシスト機能
スマホだけでゼロから作成
コーディング不要
ブログ・ネットショップ機能
HTMLやCSSでの細かいカスタマイズ
アプリからの運用

ジンドゥーAIビルダーは、スマートフォンだけで手軽にホームページを作成できるモードです。高度なカスタマイズには向きませんが、シンプルなホームページ作成に最適。初心者やスマートフォンユーザーに特におすすめです。

ジンドゥークリエイターは、 HTMLやCSSを使った細かいカスタマイズが可能なモードです。ブログやネットショップ機能も利用可能。パソコンでじっくりと、こだわりのあるホームページ作成に最適です。

ジンドゥーの編集モードはあとから変更できません

AIビルダーとクリエイターは、プランも含めて互換性がないため、あとから変更することはできないので注意してください。

どちらを選ぶかは、ホームページ作成の目的や、自分のスキル、好みに合わせて決めましょう。両方とも無料プランがあるので、まずは試してみましょう。

ジンドゥー AIビルダーのプラン比較

プラン名 Play Start Grow
特徴 無料プランで続ける 個人利用に最適 ビジネス利用に最適
料金 ¥0/月 ¥990/月 ¥1,590/月
ページ数・容量 5枚(500MB) 10枚(5GB) 50枚(15GB)
広告非表示 -
独自ドメイン -
概要
・すべての基本機能
・○○○.jimdosite.com サブドメイン
Play の機能に加えて:
・独自ドメイン
・広告非表示
START 機能にプラス:
・検索エンジン最適化(SEO)
・ホームページへのアクセス解析
・最優先サポート

料金は12ヶ月契約時の料金を月換算したものです。

ジンドゥー クリエイターのプラン比較

プラン名 FREE PRO BUSINESS SEO PLUS PLATINUM
特徴 まずは無料で始める 趣味やクリエイティブな仕事に最適 企業・個人事業向け ホームページの検索順位を上げる 本格的なホームページ・ネットショップを目指すなら
料金 ¥0/月 ¥1,200/月 ¥2,600/月 ¥4,250/月 ¥5,330/月
容量 500MB 5GB 無制限 無制限 無制限
広告非表示 -
独自ドメイン -
概要
・すべてのクリエイターの基本機能
・○○○.jimdofree.com サブドメイン
FREE(無料)機能にプラス:
・独自ドメイン
・広告非表示
Pro 機能にプラス:
・サーバー容量:無制限
・ドメイン接続
BUSINESS 機能にプラス:
・SEO オプション
・商品バリエーション
クリエイターのすべての機能:
・多彩な製品レイアウト
・商品バリエーション

料金は12ヶ月契約時の料金を月換算したものです。

STUDIOのプラン比較

プラン名 Free Starter CMS Business
料金 ¥0/月 ¥980/月 ¥2,480/月 ¥4,980/月
サイト概要 無料お試しプラン シングルページ作成 本格サイト作成 中規模ビジネス向け
ドメイン studio.siteドメイン 独自ドメイン公開 独自ドメイン公開 独自ドメイン公開
月間PV数 10,000PV 50,000PV 100,000PV 1,000,000PV
CMSアイテム 100件 10件 2,000件 10,000件
フォーム送信数 100件 1,000件 10,000件 10,000件
その他 STUDIOバナー パスワード保護
Apps連携
無制限アナリティクス
ライター権限3名
中規模ビジネス向け
サポート付き

※料金は全て年払いを月換算した場合です。

STUDIOのCMSアイテム数とは

CMSとは、ウェブサイトのコンテンツを管理するシステム(Content Management System)の略語です。STUDIOにおけるCMSアイテムとは、ウェブサイト上に公開するブログ記事、ニュース、製品情報など、様々なコンテンツを指します。

ビジネス向けのウェブサイトでは製品情報やニュースを多数公開する必要があるため、CMSプラン以上が適しています。

一方、ポートフォリオサイトのようなシンプルなコンテンツ構成ならばStarterプランでもOKです。更新頻度が低いサイトの場合には、StarterプランでもOKでしょう。

サイト運営の目的と規模に合わせて最適なプランを選択することが重要で、CMSアイテム数はその判断材料の1つになります。

ジンドゥーとSTUDIOの基本料金と仕様の違い

基本料金と仕様の違いを比較しました

ジンドゥーとSTUDIOは、どちらも月額無料から利用できるホームページ作成サービスです。しかし、両者には基本料金と仕様にいくつかの違いがあります。

ジンドゥーは、スマートフォンとパソコンの両方で編集が可能なのに対し、STUDIOはパソコンのGoogle Chromeでのみ編集ができます。どちらのサービスも、広告非表示や独自ドメインの利用には有料プランへの契約が必要となります。

料金面では、ジンドゥーのスマートフォン向けプランであるAIビルダーがSTUDIOより安価である一方、パソコン向けのクリエイタープランはSTUDIOと同程度の価格設定となっています。

今時店長
今時店長
ジンドゥーとSTUDIOは共に月額無料から利用可能な点で共通しています。独自ドメインの利用や常時SSL化については、両サービスとも有料プランでのみ対応しています。人気プランの月額料金を比較しても、大きな差異は見られません。サービスを選ぶ際は、予算だけでなく必要な機能や使いやすさも考慮することが大切です。

デザインを比較

制作事例を比較

ジンドゥーとSTUDIOの導入事例・ショップ事例を比較

ジンドゥー と STUDIO、それぞれ実際に運用されているサイトのデザインを確認してみましょう。

サービス名称
ジンドゥー
(Jimdo)
STUDIO
(スタジオ)
制作事例を見る ▶

ジンドゥーのデザイン特徴

ジンドゥーのサイト制作に関する動画

公式による、ジンドゥーの紹介動画です。ジンドゥークリエイター、AIビルダーについても、動画でも詳しく解説されています。

ジンドゥーはオシャレなテーマを全て無料で使える

ジンドゥーで利用できるテンプレートの一例

上画像は、クリエイターモードを選択したときに利用できる、デザインテーマの一例です。どちらのモードを利用した場合にも、テーマは全て無料で使えます。

業種や目的なあわせた、センスの良いオシャレなテーマが豊富に揃っています。デザインにこだわりたい方にとって、魅力的なサービスと言えるでしょう。

マウス操作だけで直感的にレイアウトできる

ジンドゥーは、ドラッグ&ドロップでレイアウトを操作できる

ジンドゥーは、プレビュー画面上で写真やテキストなどの要素をドラッグ&ドロップするだけで、直感的にレイアウトを調整することができます。上画像は、クリエイターモードですが、AIビルダーモードも同じようなイメージで編集できます。

まるで、実際のページを触っているかのような感覚で、自由自在にデザインを作り込んでいくことが可能です。HTMLやCSSなどの知識は一切必要ないので、初心者の方でも思い通りのホームページを手軽に作成できます。

STUDIOのデザイン特徴

STUDIOのサイト制作に関する動画

上記の動画は、公式によるSTUDIOの使い方に関する解説です。白紙のテンプレートから始め、CSSで記事の投稿、ライターの追加、トップページの作成方法などが説明されています。完成したサンプルサイトは、YouTubeチャンネルでも確認できます。

プロジェクトは、空白、ワイヤーフレーム、テンプレートの3種類から制作をスタートできる

STUDIOのテンプレート

STUDIOでは、プロジェクトを「空白」「ワイヤーフレーム」「テンプレート」の3つから選択して開始できます。テンプレートには無料のものと、7,980円~35,600円程度の有料のものがあり、CMS機能が組み込まれたものもあります。

セクションとボックスでレイアウトを組む

STUDIOのセクションとボックス

STUDIOは、セクションを追加し、その中に自由にボックス(コンテンツブロック)を配置していくことでレイアウトをデザインするツールです。ドラッグ&ドロップでボックスの位置やサイズを調整でき、ピクセル単位での細かい調整も可能。テンプレートに頼らず、自分の理想通りのオリジナルレイアウトがゼロから作れます。

モーション機能で動きのあるページを作成

STUDIOのモーション機能

STUDIOのモーション機能を使えば、スクロールやクリック時の要素の動きを設定できます。フェードイン、スライドイン、ズーム、回転など様々な効果が簡単に適用可能。ダイナミックで印象的なページを直感的に作成できるので、コーディングいらずでプロ並みの表現力を実現できます。ただし使いすぎには注意しましょう。

また、STUDIOはGoogle Fonts、TypeSquare(モリサワ)、FONTPLUSと連携しており、モリサワやフォントワークスの有料フォントも追加料金なしで使用できます。これにより、日本語フォントを活かした高品質なデザインを制作できます。

CMS機能で更新や管理に強いサイトを制作できる

STUDIOには「CMS」という機能があります。CMSとは、Contents Management Systemの略で、投稿した記事の更新や管理を簡単に行えるシステムのことです。

ブログ記事やニュースなどの更新頻度が高いコンテンツを管理する際に便利な機能となっています。

ライブビューでWEBページを更新せずに進歩状況を共有できる

STUDIOには、編集中の画面を独自のURLで共有できる機能も搭載されています。これにより、WEBページを更新せずに、クライアントやチームメンバーと進捗状況を共有することができます。

今時店長
今時店長
ジンドゥーは、AIビルダーとクリエイターの2モードを選べ、クリエイターではマウスだけで直感的にデザイン可能。STUDIOは、ボックスに写真やテキストを配置してレイアウトを設定し、CMS機能で更新・管理に強いサイトを作成できる。両者ともに、初心者にも扱いやすいサービスと言えるでしょう。

機能面での比較(表形式)

ホームページの機能面を比較してみました

ジンドゥーとSTUDIOの機能を比較

ホームページであると便利な機能面について比較してみました。最近では、ネットショップで、事前予約や販売機能がついているサービスが増えています。

サービス名称
ジンドゥー
STUDIO
問合せフォーム
予約機能
決済機能
(ネットショップ)
◯※
ブログ機能
メールマガジン
アクセス解析
Googleアナリティクス連携
◯※
◯※
備考欄
※決済機能はクリエイタープラン限定です。Googleアナリティクスは、有料プランは管理メニューから「測定ID」が設定できます。 問合せはWEB上で確認可能、FREEは100件、BASICは1,000件、PROは10,000件までが上限です。※Googleアナリティクスは、有料プラン限定で「測定ID」が設定できます。
公式サイトで詳しく

本格的なネットショップを開設したい方は「【2024年最新版】無料ネットショップ開設サービス徹底比較!おすすめアプリをご案内」 もチェックしてみてください。

また、予約サイトの作成を検討している方は「2024年版|無料で使えるネット予約システムを徹底比較!広告なし・アプリ対応・Google連携などわかりやすく解説」 も参考になるでしょう。

ジンドゥーは簡単に使えるネットショップ機能を搭載している

Jimdoの編集機能

ジンドゥーは、クリエイタープラン限定ですが、比較的簡単につかえるネットショップ機能(クレジットカード決済機能)を搭載することも可能です。

フリープランは、商品点数5点まで、PayPal決済のみ導入できます。プロプランは商品点数15点、Stripe決済も導入できます。ビジネスプラン以上で商品点数は無制限、ネットショップに関する機能もすべて開放されます。

詳しくは「ジンドゥーのネットショップどうなの!?基本料金から口コミ・メリットまで完全網羅」 をチェックしてください。ジンドゥーのネットショップに関する情報をまとめてあります。

STUDIOは、Notion、microCMSなどの外部サービスとAPIで連携できる

STUDIOは、Notion、microCMSなどの外部サービスと連携できる

STUDIOでは、API連携機能(ベータ版)が提供されました。この機能を使えば、Notion、microCMS、Airtableなどの外部サービスのデータを呼び出し、STUDIOのサイトデザインと組み合わせることが可能になります。

外部データをSTUDIOのテキストや画像ボックスに取り込めるため、デザイン性の高いサイトを構築できます。ただし、こちらの機能はベータ版のため、将来的にはプランの制限が掛かる可能性もあることを理解して活用しましょう。

今時店長
今時店長
機能面では、ジンドゥーが決済機能を備えているため若干充実しています。一方、STUDIOはCMS機能でライターやタグ付けなどのブログ管理が可能で、こちらの方が優れています。ただし、両サービスともメールマガジン機能は搭載されていません。求める機能によって適したサービスが異なるため、要件をしっかり見極めることが重要です。
メール配信システムを徹底比較
2024年版|メール配信システムを徹底比較!おすすめタイプ別の料金一覧

ネットビジネスでは必須とも言える、メール配信システムについて比較してみました。お店でメールマガジンを導入したい、一斉送信メールやステップメールの導入を考えてる方は、こちらの記事を参考にしてください。 ...

口コミ・評判|気になるクチコミをピックアップ

ジンドゥー と STUDIOの口コミ・評判をご紹介

ジンドゥーとSTUDIOの口コミや評判をピックアップしてご紹介

ジンドゥーとSTUDIOに関連する、個人的に気になった口コミをピックアップしてご紹介します。

ジンドゥーの口コミ・評判

ジンドゥーのAIビルダーは簡単で早く作れるという口コミが多いです。

AIビルダーで作りはじめたけど、自由度がないので作り直したという口コミです。こちらの方も書いていますが、プランは別であとから乗換などはできません。

STUDIOの口コミ・評判

STUDIOは、WordPressと比較されることも多いのですが、WordPressよりも簡単だという口コミが多くあります。

2024年3月12日より、Starterプランでも、CMSが10アイテムまで利用できるようになりました。

結論:どっちが最適なの?自分に合ったサービスの選び方

まとめ

初心者でも扱えるホームページ作成サービス「Jimdo(ジンドゥー)」と「STUDIO(スタジオ)」を比較しました。

ジンドゥーは、こんな方におすすめ

  • AIビルダーを使って、手軽にホームページを作成したい方
  • オシャレなテンプレートを無料で使ってサイトを制作したい方
  • マウス操作だけで直感的にデザインを作りたい方
  • ネットショップ機能を搭載したサイトを作りたい方
  • 有料プランでは、独自ドメインが初年度無料で使える点も魅力

ジンドゥー(無料ではじめる)

STUDIOは、こんな方におすすめ

  • ゼロからオリジナリティあふれるWebサイトを作成したい方
  • ピクセル単位でのデザイン調整など、細かな設定を行いたい方
  • モリサワなどの有料フォントを無料で使用したい方
  • 記事の更新や管理がしやすいCMS機能を備えたサイトを作りたい方
  • ライブビューで編集中の画面をチームで共有したい方

STUDIO

サービス選びのポイント

ジンドゥーとSTUDIOはどちらも初心者に優しいホームページ作成サービスです。

特にジンドゥーはAIビルダーの導入で非常に簡単にサイトが作れます。オシャレなテンプレートと簡易的なネットショップ機能も魅力的です。

一方、STUDIOはCMS機能を備えており、頻繁な更新が必要なサイトに最適です。また、ゼロからデザイン性の高いサイトなどを作ることもできます。

サービスの特性を理解して選びましょう。

あわせて読みたい

ジンドゥーのメリットはこちら。

ジンドゥーの評判どう?実体験をもとにメリット・デメリットを徹底解説!
ジンドゥーの評判どう?実体験をもとにメリット・デメリットを徹底解説!

ジンドゥーは、初心者でも簡単にホームページを作成できると人気のサービスですが、実際の評判はどうなのでしょうか?メリットやデメリットはあるのでしょうか? 本記事では、ジンドゥーを実際に利用した経験をもと ...

STUDIOのメリットはこちら。

STUDIO(スタジオ)
【ノーコード】STUDIOの評判どう?実体験をもとにメリット・デメリットを徹底解説!

STUDIOは、ノーコードでWebサイトを自由自在にデザインできるサービスとして注目を集めています。でも実際のところ、利用者の評判はどうなのでしょうか。メリットやデメリットについても気になりますよね。 ...

ホームページ作成ツールの比較はこちら。

2024年版|ホームページ作成ツール徹底比較《おすすめはココ》よくわかる料金比較表・操作動画掲載!

初心者でも自分でホームページが作れる、オンラインサービス・ソフトをご紹介します。お店のホームページ、企業のコーポレートサイト、副業のアフィリサイト、個人のポートフォリオ作成まで、サービス選びの参考にど ...

最後まで読んで頂きありがとうございました。
また新しい情報などあれば更新していきます。

\ こちらの記事をシェアする /
  • この記事を書いた人
今時店長

今時店長

楽天市場の某大型サイトにて、2005年~2013年まで運営責任者を務める。その経験を活かし、2013年に楽天市場のショップへのサポートを目的に当サイトを立ち上げました。2016年に情報サイトとしてリニューアル、より幅広い層の方々にオンラインビジネスのノウハウやアドバイスを提供しています。

運営企業情報(プロフィール・運営理念)
掲載依頼・お問い合わせ
誤り報告フォーム

\今すぐ無料ではじめる/

-ホームページ作成
-, ,