ジンドゥー vs Wix|ホームページ作成を完全比較!選ぶべきサービスがわかる

広告 ホームページ作成

ジンドゥー vs Wix 完全比較!料金・機能・評判の違い丸わかり!

初心者でも扱えるホームページ作成サービス「Jimdo・ジンドゥー」と「Wix・ウィックス」を比較しました。

料金や仕様などの基本的な情報から、実際に利用してみた感想なども加えて2つのサービスを比較しています。ぜひ、参考にしてみてください。

こちらのページはホームページを作成する場合の比較となります

「Jimdo・ジンドゥー」と「Wix・ウィックス」について、ネットショップの作成をお考えの方は、以下のリンク先の記事をご覧ください。

ジンドゥー × Wix|ネットショップ開設を完全比較!選ぶべきサービスがわかる
【2024年最新】ジンドゥー vs Wix|ネットショップ開設を完全比較!選ぶべきサービスがわかる

無料から使えるホームページ作成サービス「Jimdo・ジンドゥー」と「Wix・ウィックス」のオンライン決済機能について比較しました。 これからネットショップを作りたい方。現在、どちらかのサービスを利用し ...

\今すぐ無料ではじめる/

サービス概要

ジンドゥー と Wix の特徴を簡単にご紹介

ジンドゥー

まずは、ホームページ作成サービス「ジンドゥー(Jimdo)」と「Wix(ウィックス)」について、サービスの基本的な特徴などを簡単にご紹介します。

ジンドゥー(Jimdo)の特徴

ジンドゥー

国内でもトップクラスのホームページ作成サービス

Jimdo (ジンドゥー)は、国内でもトップクラスの人気を誇る、無料から使えるホームページ作成サービスです。元はドイツの企業が運営するサービスですが、国内ではKDDIウェブコミュニケーションズが協業パートナーとして展開しています。

ユーザーに合わせた2つの作成モードを選択可能

ジンドゥーには、選択式でページを自動的に作成できる「AIビルダー」と、自分でレイアウトを決めることができる「クリエイター」という、2つの作成モードが提供されています。各モードで使える機能や料金プランなどが異なります。

なお、ネット販売の決済機能は「クリエイター」でないと使えません。オンラインショップを開設する場合は、「クリエイター」モードを選択する必要があります。

関連記事:ジンドゥーの評判どう?実体験をもとにメリット・デメリットを徹底解説!

ジンドゥー(無料ではじめる)

Wix(ウィックス)の特徴

Wix

世界190カ国、2億人以上に利用されているホームページ作成ツール

Wix(ウィックス)は、世界190カ国、2億人以上に利用されているホームページ作成ツールです。「Web制作のすべてがここに」というキャッチコピーの通り、誰でも簡単に、これ一つだけでオシャレで高品質なホームページが作成できます。

日本向けのローカライズも大幅に進化

Wixは、数年前までマニュアルなどの英語表記が多く、日本向けローカライズが不完全という状況でしたが、ここ数年で大幅に進化しました。現在は、公式ヘルプの大部分が日本語化され、日本語でのカスタマーサービスも提供されています。

2023年8月2日にクリエイター向け「Wix Studio」がリリース

Wixは2024年8月2日、制作会社やフリーランサー向けの新しいプラットフォーム「Wix Studio」をリリースしました。Wix Studioは、クライアントとのコラボレーション機能、高度なデザインツール、ビジネス管理機能などを提供し、プロフェッショナルなWeb制作をサポートします。これにより、Wixはさらに幅広いユーザー層のニーズに応えられるようになりました。

※本記事では通常版のWixについて解説しています。Wix Studioの詳細については、公式サイトをご確認ください。

関連記事:Wixの評判どう?実体験をもとにメリット・デメリットを徹底解説!

Wix(無料ではじめる)

ホームページ作成サービスには、ジンドゥー や Wix 以外にも多くの選択肢があります。

無料プランのみのサービスを探している方は、「無料でパッと作れるホームページ作成ツール10選!上広告なし・おすすめサービスを順番に紹介」 無料でパッと作れるホームページ作成ツール」で各サービスの特徴を詳しくチェックできます。

月額有料のプランも視野に入れてサービスをお探しの方は、「2024年版|ホームページ作成ツール徹底比較《おすすめはココ》よくわかる料金比較表・操作動画掲載!」 で、料金プランや機能面での比較が可能です。

ご自身のニーズに合った、最適なホームページ作成サービスを見つけてください。

基本料金と仕様の比較

料金プランと基本的な仕様の比較(表形式)

ジンドゥーとWixの基本料金・仕様を比較

まずは、基本料金(初期費用、月額費用)、ページ数・容量、契約期間、独自ドメイン利用の有り無しなど、基本的な仕様について比較表にまとめました。

サービス名称
ジンドゥー
(Jimdo)
Wix
(ウィックス)
運営事業者
株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ
Wix.com, Inc
料金
初期費用
無料
無料
月額費用
AI ビルダー(プラン)
PLAY:0
START:990 (税込)

GROW:1,590 (税込)
クリエイター(プラン)
FREE:0

PRO:1,200 (税込)

人気
BUSINESS:2,600 (税込)

SEO PLUS:4,250 (税込)

PLATINUM:5,330 (税込)

※全て1年契約時の料金
料金プランの比較
無料版
0
パーソナル
1年契約:1,200 (税抜)
月契約:1,800円 (税抜)
スモールビジネス
1年契約:2,100 (税抜)
月契約:2,600円 (税抜)
ビジネス
人気
1年契約:2,600 (税抜)
月契約:3,000円 (税抜)
ビジネスプライム
1年契約:12,000 (税抜)
月契約:12,900円 (税抜)

※更新情報:2023年10月16日に、プラン及び料金などの改変がありました。
ページ数・容量
AI ビルダー(プラン)
PLAY:5(500MB)

START:10(5GB)

GROW:50(15GB)
クリエイター(プラン)
FREE:500MB

PRO:5GB

BUSINESS以上:無制限
無料版
500MB

パーソナル
2GB

スモールビジネス
50GB

ビジネス
100GB

ビジネスプライム
無制限

エンタープライズ
無制限
※最大 100ページ
広告非表示
START ・PRO以上
パーソナル以上
最短契約期間
AI ビルダー:1ヶ月
クリエイター:1年間
1ヶ月
URL
独自ドメイン
独自ドメインとは
Start、Pro以上
パーソナル以上
常時SSL化
標準対応
標準対応
デザイン
テンプレート数
約40種類
800種類以上
HTML編集
△※パーツのみ
制作環境
パソコン
スマホ
サポート
電話
◯※
メール
補足事項
サポート窓口はメールだけです。 技術的なサポートはメールのみ。※電話は、日本語対応でアカウントに関する問い合わせができます。
備考欄
独自ドメインは有料プランの初回契約時に無料提供されます。有料プランの更新時には、別途ドメイン費用も発生します。他社サービスで取得した、独自ドメインも利用できます。 独自ドメインは有料プランの初回契約時に無料提供されます。有料プランの更新時には、別途ドメイン費用も発生します。他社サービスで取得した、独自ドメインも利用できます。
公式サイトで詳しく

独自ドメインとは?初心者にもわかりやすく解説

独自ドメインとは、自分専用のオリジナルウェブサイトアドレスのこと

当サイトの独自ドメイン

独自ドメインとは、「www.自分のお店の名前.com」のように、自分だけのウェブサイトアドレスのことです。お店のホームページを作成する際は、独自ドメインを取得することをおすすめします。

独自ドメインを使うメリット

  • お店の知名度と信頼性が向上します
  • 名刺やチラシに載せると効果的な宣伝になります
  • ウェブサービス会社を変更してもアドレスはそのまま使えます
  • 検索エンジンで上位表示されやすくなります
  • メールアドレスもお店の名前で統一できます

お店のホームページには独自ドメインが不可欠です

独自ドメインは専門のサービスから取得しましょう。そうすれば、ホームページを移転しても独自ドメインはそのまま使えて便利です。

独自ドメインを活用することで、お店の信頼性とブランドイメージが高まります。

ジンドゥーのAIビルダーとクリエイターの違い

ジンドゥーには、AIビルダーとクリエイターという2つの編集モードがあります。この2つのモードについて、デザインや機能など違う点をまとめてみました。

機能
ジンドゥー AIビルダー
ジンドゥークリエイター
AIの作成アシスト機能
スマホだけでゼロから作成
コーディング不要
ブログ・ネットショップ機能
HTMLやCSSでの細かいカスタマイズ
アプリからの運用

ジンドゥーAIビルダーは、スマートフォンだけで手軽にホームページを作成できるモードです。高度なカスタマイズには向きませんが、シンプルなホームページ作成に最適。初心者やスマートフォンユーザーに特におすすめです。

ジンドゥークリエイターは、 HTMLやCSSを使った細かいカスタマイズが可能なモードです。ブログやネットショップ機能も利用可能。パソコンでじっくりと、こだわりのあるホームページ作成に最適です。

ジンドゥーの編集モードはあとから変更できません

AIビルダーとクリエイターは、プランも含めて互換性がないため、あとから変更することはできないので注意してください。

どちらを選ぶかは、ホームページ作成の目的や、自分のスキル、好みに合わせて決めましょう。両方とも無料プランがあるので、まずは試してみましょう。

ジンドゥー AIビルダーのプラン比較

プラン名 Play Start Grow
特徴 無料プランで続ける 個人利用に最適 ビジネス利用に最適
料金 ¥0/月 ¥990/月 ¥1,590/月
ページ数・容量 5枚(500MB) 10枚(5GB) 50枚(15GB)
広告非表示 -
独自ドメイン -
概要
・すべての基本機能
・○○○.jimdosite.com サブドメイン
Play の機能に加えて:
・独自ドメイン
・広告非表示
START 機能にプラス:
・検索エンジン最適化(SEO)
・ホームページへのアクセス解析
・最優先サポート

料金は12ヶ月契約時の料金を月換算したものです。

ジンドゥー クリエイターのプラン比較

プラン名 FREE PRO BUSINESS SEO PLUS PLATINUM
特徴 まずは無料で始める 趣味やクリエイティブな仕事に最適 企業・個人事業向け ホームページの検索順位を上げる 本格的なホームページ・ネットショップを目指すなら
料金 ¥0/月 ¥1,200/月 ¥2,600/月 ¥4,250/月 ¥5,330/月
容量 500MB 5GB 無制限 無制限 無制限
広告非表示 -
独自ドメイン -
概要
・すべてのクリエイターの基本機能
・○○○.jimdofree.com サブドメイン
FREE(無料)機能にプラス:
・独自ドメイン
・広告非表示
Pro 機能にプラス:
・サーバー容量:無制限
・ドメイン接続
BUSINESS 機能にプラス:
・SEO オプション
・商品バリエーション
クリエイターのすべての機能:
・多彩な製品レイアウト
・商品バリエーション

料金は12ヶ月契約時の料金を月換算したものです。

Wixのプラン比較

プラン名 無料版 パーソナル スモールビジネス ビジネス ビジネスプライム
料金 ¥0/月 ¥1,200/月 ¥2,100/月 ¥2,600/月 ¥12,000/月
共同管理者数 0名 2名 5名 10名 15名
データ容量 500MB 2GB 50GB 100GB 無制限
マーケティングツール - ライト ベーシック スタンダード アドバンス
独自ドメイン - 初年度無料 初年度無料 初年度無料 初年度無料
CMSアイテム数 500件 1,500件 4,000件 10,000件 100,000件
広告非表示 -
決済機能 - -
Eコマース機能 - - 基本的 標準的 高度
開発者機能 - - - - 高度

Wixの無料版と有料版の違い

Wixの無料版と有料版の主な違いは、共同管理者数、データ容量、CMSアイテム数、広告の有無などです。

CMSアイテム数とは、ブログ記事やECサイトの商品ページなど、コンテンツ管理システムで作成するページの数を指します。無料版は500件と少なめですが、有料プランではより多くのCMSアイテムを作成できます。

ネットショップ・予約サイトはスモールビジネス以上の契約が必要

ネットショップや予約サイトを作るには、Wixのスモールビジネス以上のプランへの契約が必須です。

スモールビジネスプランから基本的なEコマース機能や予約管理機能が利用可能で、ビジネスの成長に合わせて上位プランにアップグレードできます。プランごとに利用できる機能が異なるため、必要な機能を見極めて選択しましょう。

Wixのプラン改定について(2023年10月16日更新)

2023年10月16日に、Wixはプランの改定を行いました。それまで提供されていた「ホームページ」と「ビジネス&Eコマース」の2つのカテゴリーは廃止され、現在は全てのプランが「Wix プレミアムプラン」として統合されています。

この変更により、プラン名称と料金設定が一部変更されています。例えば、旧ホームページプランの「ベーシックプラン」(月額900円)は、現在の「パーソナルプラン」(月額1,200円)に相当するプランとなりました。

Wixを利用する際は、公式サイトにて最新のプラン内容をご確認いただくことをおすすめします。また、ネット上の情報については、情報の鮮度や正確性を見極めながら参考にしていただくと良いでしょう。

ジンドゥーとWixの基本料金と仕様の違い

基本料金と仕様の違いを比較しました
  • 編集環境は、どちらもパソコン、スマートフォンに対応
  • ジンドゥー、Wixともに無料プランあり。ただし広告が表示される
  • 独自ドメインは、どちらも有料プラン限定
  • ジンドゥーはAIビルダーとクリエイターの2つの編集モードを選択可能
  • テンプレートは、ジンドゥーは約40種類。Wixは800種類以上
  • 有料プランの月額料金は、ジンドゥーとWixで大きな差はない。ただし、Wixは月払いの場合割高
  • ジンドゥーはブログ・ネットショップ機能はクリエイターのみ。Wixはスモールビジネスプラン以上で利用可能
  • サポートは、ジンドゥーはメールのみ。Wixは電話とメールに対応
今時店長
今時店長
ジンドゥーとWixは無料プランを提供していますが、広告表示があるためビジネス利用には有料プランがおすすめです。月額費用に大きな差はありませんが、Wixは月払いの場合割高になります。ジンドゥーはAIビルダーとクリエイターの2つの編集モードを選べるのが特徴です。サービス選びでは、料金以外に機能、デザイン性、使いやすさなども考慮しましょう。

デザインを比較

制作事例を比較

ジンドゥーとWixの導入事例・ショップ事例を比較

ジンドゥー と Wix、それぞれ実際に運用されているサイトのデザインを確認してみましょう。

サービス名称
ジンドゥー
(Jimdo)
Wix
(ウィックス)
制作事例を見る ▶

ジンドゥーのデザイン特徴

ジンドゥーのサイト制作に関する動画

公式による、ジンドゥーの紹介動画です。ジンドゥークリエイター、AIビルダーについても、動画でも詳しく解説されています。

ジンドゥーはオシャレなテーマを全て無料で使える

ジンドゥーで利用できるテンプレートの一例

上画像は、クリエイターモードを選択したときに利用できる、デザインテーマの一例です。どちらのモードを利用した場合にも、テーマは全て無料で使えます。

業種や目的なあわせた、センスの良いオシャレなテーマが豊富に揃っています。デザインにこだわりたい方にとって、魅力的なサービスと言えるでしょう。

マウス操作だけで直感的にレイアウトできる

ジンドゥーは、ドラッグ&ドロップでレイアウトを操作できる

ジンドゥーは、プレビュー画面上で写真やテキストなどの要素をドラッグ&ドロップするだけで、直感的にレイアウトを調整することができます。上画像は、クリエイターモードですが、AIビルダーモードも同じようなイメージで編集できます。

まるで、実際のページを触っているかのような感覚で、自由自在にデザインを作り込んでいくことが可能です。HTMLやCSSなどの知識は一切必要ないので、初心者の方でも思い通りのホームページを手軽に作成できます。

Wixのデザイン特徴

Wixのサイト制作に関する動画

Wixは多様な機能を搭載しており、幅広いニーズに対応可能です。単純なホームページだけでなく、動画コンテンツとの融合、本格的な予約サイトから、ネットショップまで幅広いカスタマイズにも対応しています。

初心者でも直感的にドラッグ&ドロップで操作できる

Wixは、初心者でも直感的に操作できるウェブデザインプラットフォームです。画像やテキスト、ボタンなどの要素を、マウスで掴んで好きな位置に配置するだけで、簡単にサイトのデザインを作成できます。

AIによる質問に答えてサイトが作成できる

WixはAIの質問に答えてサイト制作ができる

新規サイトを作成する方法は、AIによる質問に答えてサイトを作成する方法と、テンプレートを使用する方法の2つがあります。

Wixは800種類以上のテンプレートが無料で使える

ネットショップ、ポートフォリオ、ブログなど、用途に合わせたテンプレートを選ぶことができます。選んだテンプレートをベースに、自分好みにカスタマイズすることも可能です。

上級者向け機能「Velo開発モード」で高度なカスタマイズも実現

さらに、Wixには「Velo開発モード」という機能も搭載されています。これは、JavaScriptやWix独自のスクリプト言語であるVelo APIを使ってサイトの動作をプログラムできる、上級者向けの機能です。Veloを使えば、よりインタラクティブで動きのあるサイトを作ることができます。

今時店長
今時店長
初心者でも簡単に使えるのは「ジンドゥー」です。ホームページ作成が初めての方でも安心して利用できます。一方、「Wix」は高い機能性と豊富なテンプレートが魅力。高度なカスタマイズにも対応可能です。シンプルなホームページを手軽に作りたいなら「ジンドゥー」を、オリジナリティあふれる多機能なサイトを目指すなら「Wix」を検討してみましょう。

機能面での比較(表形式)

ホームページの機能面を比較してみました

ジンドゥーとWixの機能を比較

ホームページであると便利な機能面について比較してみました。最近では、ネットショップで、事前予約や販売機能がついているサービスが増えています。

サービス名称
ジンドゥー
Wix
問合せフォーム
予約機能
◯※
決済機能
(ネットショップ)
◯※
◯※
ブログ機能
メールマガジン
◯※
アクセス解析
◯※
Googleアナリティクス連携
◯※
◯※
備考欄
※決済機能はクリエイタープラン限定です。Googleアナリティクスは、有料プランは管理メニューから「測定ID」が設定できます。 ※予約機能・ネットショップはビジネスプラン以上限定。メルマガは「メルマガ配信プラン(有料)※スターター:月500通 1083円~」の契約が必要です。アクセス解析は、スタータープラン以上、Googleアナリティクスもプレミアムプラン(有料プラン)限定です。
公式サイトで詳しく

本格的なネットショップを開設したい方は「【2024年最新版】無料ネットショップ開設サービス徹底比較!おすすめアプリをご案内」 もチェックしてみてください。

また、予約サイトの作成を検討している方は「2024年版|無料で使えるネット予約システムを徹底比較!広告なし・アプリ対応・Google連携などわかりやすく解説」 も参考になるでしょう。

ジンドゥーは簡単に使えるネットショップ機能を搭載している

Jimdoの編集機能

ジンドゥーは、クリエイタープラン限定ですが、比較的簡単につかえるネットショップ機能(クレジットカード決済機能)を搭載することも可能です。

フリープランは、商品点数5点まで、PayPal決済のみ導入できます。プロプランは商品点数15点、Stripe決済も導入できます。ビジネスプラン以上で商品点数は無制限、ネットショップに関する機能もすべて開放されます。

詳しくは「ジンドゥーのネットショップどうなの!?基本料金から口コミ・メリットまで完全網羅」 をチェックしてください。ジンドゥーのネットショップに関する情報をまとめてあります。

Wixは、本格的なECサイトや予約サイトも作れる

Wixは本格的なECサイトから予約サイトまで作れる

Wixのビジネスソリューション

Wixには本格的なECサイトや予約サイトを作るために様々なアプリが用意されています。以下に、Wixのビジネスソリューションの一部を書き出してみました。

Wix ホテル ホテル・旅館向けのオンライン予約機能を追加
Wix ストア ネット販売のための本格 EC プラットフォーム
Wix チャット サイトにチャットサポート機能を追加
Wix プロギャラリー 高解像度&便利な機能満載の写真・動画ギャラリー
Wix ブログ 多機能ブログを追加してサイトやビジネスの情報を発信
Wix フォーラム コミュニティを構築し、ディスカッションを開始してトラフィックを増やしましょう
Wix ブッキング 決済対応のオンライン予約プラットフォーム
Wix 会員エリア サイト会員がアカウントを管理し、コンテンツにアクセスできるようにします
Wix グループ 収益化可能なオンラインコミュニティの主催と管理
Wix ファイルシェア サイト会員用のファイル共有ライブラリを作成
Wix ビデオ ダウンロード販売対応の動画配信ツール
Wix ミュージック ダウンロード販売対応の音楽プレーヤーを追加

Wixには、無料で利用できる便利なアプリが多数用意されています。例えば、Wixブログを使えばウェブサイトにブログ機能を追加でき、Wixチャットではリアルタイムでユーザーとコミュニケーションを取ることができます。

一方で、特定の用途に特化したアプリの中には、無料では利用できないものもあります。Wixストアでネットショップを運営する場合は、Wixの有料プランへの加入が必須です。また、Wixレストラン ネット注文を利用して飲食店の注文を受け付ける場合、注文処理に応じた手数料が発生します。

このように、Wixアプリの料金体系はそれぞれ異なります。必要な機能や用途に応じて、無料で使えるアプリを活用しつつ、有料プランやアプリの導入を検討することが大切です。Wixを使ってウェブサイトを運営する際は、目的に合わせたアプリ選びが重要なポイントとなるでしょう。

また、Wix App Marketで外部のサービスと連携することも可能です。ただし、ほぼ海外のサービスしかなく、導入の説明やヘルプなどが日本語に対応していないものが多いため、実際の導入やカスタマイズには一定の技術力が必要とされます。詳しくは、Wix App Marketをご覧ください。

今時店長
今時店長
ジンドゥーとWixはどちらも、ホームページ運営に必要な機能を備えています。違いは、決済機能の導入条件です。ジンドゥーは無料プランでも決済機能を使えるのに対し、Wixで決済機能を利用するには有料プランへの加入が必須となります。ネットショップ開設を検討している方は、この点に注意しましょう。より詳しい情報は、下記の記事で解説しているのでぜひチェックしてみてください。
ジンドゥー × Wix|ネットショップ開設を完全比較!選ぶべきサービスがわかる
【2024年最新】ジンドゥー vs Wix|ネットショップ開設を完全比較!選ぶべきサービスがわかる

無料から使えるホームページ作成サービス「Jimdo・ジンドゥー」と「Wix・ウィックス」のオンライン決済機能について比較しました。 これからネットショップを作りたい方。現在、どちらかのサービスを利用し ...

口コミ・評判|気になるクチコミをピックアップ

ジンドゥー と Wixの口コミ・評判をご紹介

ジンドゥーとWixの口コミや評判をピックアップしてご紹介

ジンドゥーとWixに関連する、個人的に気になった口コミをピックアップしてご紹介します。

ジンドゥーの口コミ・評判

ジンドゥーのAIビルダーは簡単で早く作れるという口コミが多いです。

AIビルダーで作りはじめたけど、自由度がないので作り直したという口コミです。こちらの方も書いていますが、プランは別であとから乗換などはできません。

Wixの口コミ・評判

Wixの「Wix ADI」を利用して、ホームページを作っている方も多いようです。質問に答えていくだけで、レスポンシブ対応のレイアウトを制作できます。

Wixは簡単そうで難しいという口コミもありました。また、多機能であるゆえ、使いこなすのは難しいという声もあります。

結論:どっちが最適なの?自分に合ったサービスの選び方

まとめ

初心者でも扱えるホームページ作成サービス「Jimdo・ジンドゥー」と「Wix・ウィックス」を比較しました。

ジンドゥーは、こんな方におすすめ

  • ホームページ作成が初めての方
  • コーディングの知識がない方
  • スマホだけでサクッとホームページを作りたい方
  • シンプルで洗練されたデザインのホームページを作りたい方
  • 日本語のサポートを重視する方

ジンドゥー(無料ではじめる)

Wixは、こんな方におすすめ

  • 豊富な機能を搭載したホームページを作りたい方
  • 高度なカスタマイズを行いたい方
  • ネットショップや予約システムを導入したい方
  • 800種類以上のテンプレートから選びたい方
  • 多言語対応のホームページを作成したい方

Wix(無料ではじめる)

サービス選びのポイント

ジンドゥーは初心者でも簡単に操作でき、洗練されたデザインのホームページを作成できます。一方のWixは、高機能で豊富なテンプレートが用意されており、高度なカスタマイズも可能です。

自分のスキルレベルと目的に合わせて、ジンドゥーとWixを使い分けることが重要でしょう。ホームページ作成が初めてならジンドゥー、本格的な多機能サイトを目指すならWixと、それぞれの長所を生かした選択をおすすめします。

あわせて読みたい

ネットショップが目的の方はこちら。

ジンドゥー × Wix|ネットショップ開設を完全比較!選ぶべきサービスがわかる
【2024年最新】ジンドゥー vs Wix|ネットショップ開設を完全比較!選ぶべきサービスがわかる

無料から使えるホームページ作成サービス「Jimdo・ジンドゥー」と「Wix・ウィックス」のオンライン決済機能について比較しました。 これからネットショップを作りたい方。現在、どちらかのサービスを利用し ...

ジンドゥーのメリットはこちら。

ジンドゥーの評判どう?実体験をもとにメリット・デメリットを徹底解説!
ジンドゥーの評判どう?実体験をもとにメリット・デメリットを徹底解説!

ジンドゥーは、初心者でも簡単にホームページを作成できると人気のサービスですが、実際の評判はどうなのでしょうか?メリットやデメリットはあるのでしょうか? 本記事では、ジンドゥーを実際に利用した経験をもと ...

Wixのメリットはこちら。

Wixの評判どう?実体験をもとにメリット・デメリットを徹底解説!
Wixの評判どう?実体験をもとにメリット・デメリットを徹底解説!

Wixは、初心者でも簡単に本格的なホームページを作成できると世界中で人気のサービスです。 でも実際のところ、利用者の評判はどうなのでしょうか。メリットやデメリットについても気になりますよね。 そこで今 ...

ホームページ作成ツールの比較はこちら。

2024年版|ホームページ作成ツール徹底比較《おすすめはココ》よくわかる料金比較表・操作動画掲載!

初心者でも自分でホームページが作れる、オンラインサービス・ソフトをご紹介します。お店のホームページ、企業のコーポレートサイト、副業のアフィリサイト、個人のポートフォリオ作成まで、サービス選びの参考にど ...

最後まで読んで頂きありがとうございました。
また新しい情報などあれば更新していきます。

\ こちらの記事をシェアする /
  • この記事を書いた人
今時店長

今時店長

楽天市場の某大型サイトにて、2005年~2013年まで運営責任者を務める。その経験を活かし、2013年に楽天市場のショップへのサポートを目的に当サイトを立ち上げました。2016年に情報サイトとしてリニューアル、より幅広い層の方々にオンラインビジネスのノウハウやアドバイスを提供しています。

運営企業情報(プロフィール・運営理念)
掲載依頼・お問い合わせ
誤り報告フォーム

\今すぐ無料ではじめる/

-ホームページ作成
-, ,