BASEとBOOTHを徹底比較

広告 ネットショップ開業・運営・集客

BASE × BOOTH|オリジナル商品販売を徹底比較!選ぶべきサービスがわかる

オリジナルグッズの販売で稼ぐ手段として、無料で利用できるネットショップ作成サービスのBASE(ベイス)と、pixivと連携できる総合マーケットのBOOTH(ブース)を比較してみました。

\今すぐ無料でネットショップ開業/

基本情報を比較(初期費用・月額固定費用)

基本的な情報を比較してみました

BASE
booth

申込み前に確認しておきたい基本情報は下記のとおりです。

サービス名称
BASE
(ベイス)
BOOTH
(ブース)
運営事業者
BASE株式会社
ピクシブ株式会社
初期費用
無料
無料
月額費用
(毎月の固定費)
フリープラン
0
グロースプラン
年払い:16,580 (税込)
(月商50万円以上から推奨)

月払い:19,980円 (税込)

※更新情報:2024年1月16日にグロースプランの料金が改定されました。
プラン別手数料比較
無料
最短契約期間
1カ月
商品登録数
無制限
(1日最大1,000件)
無制限



独自ドメイン
利用可能
※サブドメイン限定
利用できません
常時SSL化
標準対応
対応済み
備考欄
BASEロゴを非表示は別途500円/月。独自ドメインは、フリープランから他社サービスで取得したものを”サブドメイン”として利用できます。


|




電話
メール
備考欄
チャットでの問い合わせも対応してます。 チャボットによる問い合わせにも対応しています。
特定商取引法に関する表記の一部非公開
住所・電話番号の非公開
非公開にできる
匿名配送
匿名配送が使える
公式サイトで詳しく
BASE × STORES 完全比較!料金、機能、デザインの違いを隅々まで解説
【2024年最新】BASE vs STORES 完全比較!料金、機能、デザインの違いを隅々まで解説

無料ネットショップ作成サービスで人気を二分している、BASE(ベイス)とSTORES(ストアーズ)について徹底比較してみました。 実際に両方のサービスを利用してきた経験と、客観的なデータを基に2つのサ ...

確認しておきたいポイント解説

BOOTHは自分の判断で匿名でも出品できる。

メルカリ、minneと同じように、匿名で出品できる許容範囲は広いです。

追記:BASEも住所・連絡先の非公開に対応しました。

2022年より、BASEにも個人ユーザーを対象に住所と連絡先(電話番号)を非公開にできる機能が追加されました。ただし、匿名配送などには対応していません。

追記:2022年7月12日より匿名配送にも対応しました。

BASEが匿名配送に対応しました

2022年7月12日より「BASE」は、かんたん発送(ヤマト運輸連携)アプリ追加にて、匿名配送にも対応しました。料金は配送料金+手数料:50円(税込)です。

ネットショップは匿名で開業できるの!?個人住所を記載しない最善策とは
ネットショップは匿名で開業できるの!?住所・電話番号を記載しない解決策とは

個人が運営するネットショップに掲載する、事業者の名前、住所、電話番号の必要性と。それを非公開にするための、最善の解決策について解説します。 こんな方に読んで欲しい記事。 個人でネットビジネスをはじめた ...

出店と出品の違いについて

BASEは出店、BOOTHは出品という印象です。

  • 出店・・・BASE、STORES
  • 出品・・・メルカリ、minne、BOOTH

大きな要因は「独自ドメイン」で運用できるという点です。BOOTHは与えられたサブドメインだけですが、BASEは自分の独自ドメインでお店を出店できます。

BASEなら顧客にメルマガを配信することもできる。

電子メール

BASEは、ネットショップ作成サービスなので、作品のファンに対して色々な方法でアプローチすることができます。

新作商品をメールマガジンで配信することはもちろん、割引クーポンを発行したり、定期販売や抽選販売などを実施することもできます。

BASE(無料ではじめる)

今時店長
今時店長
BASEは、BOOTHと同じようにデジタルデータの販売もできます。クレジットカード決済の導入審査もありません。
【完全ガイド】BASEの評判どう?実体験をもとにメリット・デメリットを徹底解説!
【完全ガイド】BASEの評判どう?実体験をもとにメリット・デメリットを徹底解説!

BASEは、無料で利用できるネットショップ作成サービスとして広く知られていますが、その評判は実際のところどうなのでしょうか? 本記事では、BASEを実際に利用した経験をもとに、サービスの魅力的な特長や ...

最新トレンドを掴む!必見のアパレル仕入れサイトまとめ
最新トレンドを掴む!アパレル・ファッション仕入れサイト14選

アパレル(レディース・メンズ・ファション)をメインにした、仕入れサイトをご紹介します。最新の仕入れサイトも随時追加してきます。 アパレル以外も含めた仕入れサイトは個人も使える仕入れサイト40選、ネット ...

決済手数料を比較

一番利用頻度の高いクレジットカード決済を比較

クレジットカード決済

ネットショップの買物で一番利用頻度の高い、クレジットカードの決済手数料をベースに比較していきます。

BASE
BOOTH
クレジットカード
決済手数料
フリープラン
① BASEかんたん決済手数料
3.6%+40 /件
② サービス利用料
3%
※上記①②の合計が実質手数料
概算6.6%+40円/件
グロースプラン
BASEかんたん決済手数料
2.9%
※上記手数料のみ
(サービス利用料0円)
参照元
「自宅から発送」商品
(商品価格+送料)×5.6%+22円
「倉庫から発送」商品
商品価格×5.6%+22円+26円(倉庫発送手数料)
「ダウンロード」商品
商品価格×5.6%+22円
※無料配布の場合、サービス利用料は発生しません。
「pixivFACTORYから発送」商品
マージン×5.6%+22円
参照元
入金手数料
振込手数料
一律250円
事務手数料
2万円未満は500円
2万円以上は0円 参照元
30,000円未満の場合:200円
30,000円以上の場合:300円 参照元
入金サイクル
通常
振込申請から
10営業日
(土日祝除く)
定期振込Appで月一の自動入金も可能
お急ぎ振込(手数料:1.5%)
最短翌日入金 参照元
BASEカード(任意発行)
売上残高の即日利用可能
毎月1日から月末までに発送完了になった注文の売上が、翌月20日から5営業日以内(土日祝除く)に振り込まれます。
BASE
BOOTH
クレジットカード
一括払
分割払
コンビニ決済
銀行振込
後払い決済
キャリア決済
代金引換
Amazon Pay
◯※
楽天ペイ決済
PayPay(ペイペイ)
PayPal(ペイパル)
Stripe
Square
Google Pay
Apple Pay
◯※
備考欄
※AmazonPayは個人・法人どちらも導入可能、ショッピングアプリ、予約販売、デジタルコンテンツ販売、テイクアウト、定期便、コミュニティ、抽選販売、ショップコインには使えません。※Apple Payは、ショッピングアプリにて「ゲストとして購入」を選択時に、Apple PayにMasterCardが登録されていると使えます。 サービス利用料は、全ての支払い方法で共通です。銀行振込・コンビニ決済の場合には、購入者に対して支払手数料が発生します。
公式サイトで詳しく

確認しておきたいポイント解説

無料版はBOOTHの方が決済手数料は安い。

BASEのフリープランと比較した場合には、BOOTHの方が手数料は安いです。ただし、グロースプランに切り替えた場合には、大幅にBASEの方が安いです。

BOOTHの倉庫サービスについて。

BOOTHには「倉庫サービス」という発送代行サービスがあります。

  • 預けられる上限・・・50~1,000点 参照元
  • 保管料・・・一ヶ月販売率20%以上で0円、以下は1,000円/月 参照元

BASEにも提携した物流サービスはあります。

物流倉庫を探せ
【物流倉庫を探せ】ネットショップの発送代行業者の料金を比較!おすすめ物流アウトソーシングのご紹介

ネットショップの商品を発送代行(物流アウトソーシング)について、ネットショップ開業サービスとの連携や料金について解説します。 こんな方にオススメの記事 ネットショップの発送代行を利用したい方。 ネット ...

今時店長
今時店長
さらに、初期費用、月額無料で手数料が安いサービスを探している方は、下の記事で「STORES」もチェックしてみてください。
【完全ガイド】STORESの評判どう?実体験をもとにメリット・デメリットを徹底解説!
【完全ガイド】STORESの評判どう?実体験をもとにメリット・デメリットを徹底解説!

STORESは、無料で利用できるネットショップ作成サービスとして広く知られていますが、その評判は実際のところどうなのでしょうか? 本記事では、STORESを実際に利用した経験をもとに、サービスの魅力的 ...

受注生産販売との連携について

どちらも”pixivFACTORY”で作成した商品が販売できる

pixivFACTORY

pixivFACTORYとは、最短2分程度でオリジナルグッズが作成できるサービスです。BOOTH的には、オンデマンド販売と呼ばれています。

仕入れ資金不要で受注生産販売できる。

pixivFACTORY

注文が入ってから生産する、いわゆる受注生産なので事前に在庫を用意する必要がありません。つまり、仕入れ資金は0円で参入できます。

どちらもワンタッチで出品できる。

pixivFACTORYでのBASEとBOOTHの手数料

デザインを制作したオリジナルグッズは、BOOTH、BASE、どちらもボタンひとつで出品できます。

pixivFACTORY自体に手数料は掛かりません。

pixivFACTORY自体に手数料はかかりません。原価をみて、マージンを設定して販売をします。その販売価格に対して、それぞれの決済手数料は掛かります。

つまり、同じ販売価格の場合には、BASEで売るよりも、BOOTHで販売した方が利益率は高くなるというわけです。

BASEは他にも色々な受注生産系サービスと連携できる。

canvath

BASEはほかに、業界最安値というわれる「canvath」、アクセサリーの受注生産ができる「monomy」なども提携しているので、あわせてチェックしてみてください。

Tシャツとマグカップについては、BASE内のアプリで制作できる機能もあります。この二つ(とくにTシャツ)は、原価的に安いのでオススメです。

BASE(無料ではじめる)

BASEとSUZURIを徹底比較
BASE × SUZURI|オリジナル商品販売を徹底比較!選ぶべきサービスがわかる

オリジナルグッズの販売ができるSUZURI(スズリ)と、ネットショップ作成サービスのBASE(ベイス)の受注生産販売について解説します。 予備知識 よくある疑問 BASEとSUZURIは連携できないの ...

どちらがお得なの!?

BOOTHはマーケットを利用する属性が限定されている

世界観

BASEに出品して幅広いユーザーにもアピールしよう。

BOOTHは、マーケットを利用しているユーザーの属性が限定されています。あなたの作品が一般向けだとしても、そのユーザーに届かない可能性は十分あります。

  • BOOTH・・・同人通販サイト。
  • BASE・・・一般向け。

少し偉そうで鼻につくかもしれませんが「BOOTH」の作品をみると、もっと一般向けなブランディングで販売すれば売れそうな作品がたくさんあると感じました。

ひとつの作品やジャンルだけをBASE(PAY ID)に出品する。

PAY ID

ひとつの、ジャンルやシリーズだけをブラッシュアップして、BASEに出品してもいいですね。

BASEに出店すると、累計800万ダウンロード(2021年2月時点)された、ショッピングアプリ「PAY ID」にも掲載、人の目に触れるチャンスが増えます。

BASE(無料ではじめる)

今時店長
今時店長
一つのキャラクターを作成して「BASE」で公式サイトを立ち上げてもいいですね。無料なので趣味でもはじめられます。
インターネット仕入れサイト
最新インターネットの仕入れ先・卸売りサイト48選[アパレル、雑貨、インテリアなど]

インターネットで商品を仕入れることができる、仕入れサイト・卸売りサイトをご紹介します。 掲載されているサイトは、すべて事業者向けの仕入れサイトです。一般のユーザーは購入することはできないので注意してく ...

まとめ

まとめ

無料で利用できるネットショップ作成サービスのBASE(ベイス)と、pixivと連携した、創作物の総合マーケットであるBOOTH(ブース)を比較しました。

結論としては、BOOTHはとても魅力的なサービスですが、あくまでも出品。自分だけのショップがほしい方は、BASEなどのネットショップに出店してみましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました。
また新しい情報などあれば更新していきます。

\ こちらの記事をシェアする /
  • この記事を書いた人
今時店長

今時店長

楽天市場の某大型サイトにて、2005年~2013年まで運営責任者を務める。その経験を活かし、2013年に楽天市場のショップへのサポートを目的に当サイトを立ち上げました。2016年に情報サイトとしてリニューアル、より幅広い層の方々にオンラインビジネスのノウハウやアドバイスを提供しています。

運営企業情報(プロフィール・運営理念)
掲載依頼・お問い合わせ
誤り報告フォーム

\今すぐ無料でネットショップ開業/

-ネットショップ開業・運営・集客
-