パソコン

広告 ネットショップ開業・運営・集客

ネットショップのストア・ショップ説明の書き方!よくある5つの項目と文例のアイデアを紹介

ネットショップにおける店舗紹介の書き方について、人気店舗によくある文例やアイデアを紹介します。

BASE」におけるところの「ショップの説明」、「STORES」におけるところの「ストア説明」に該当する部分です。ぜひ、参考にしてみてください。

はじめに

誰が説明文を読むのか考えてみてください。

考える

ショップに来た全てのユーザーが目を通しているわけではありません。

たとえば下記のようなケースが考えられます。

  • 信頼できるお店なのか判断するため。
  • どんな商品なのかを詳しく知りたい。
  • どんな企業や人が販売しているかを知りたい。

商品に加えて、さらに深く知りたいユーザーがチェックしています。

いずれにせよ、お店に興味のないユーザーは読みません。

つまり、ショップ説明文を読んでいる時点で大部分のユーザーは、あなたのお店に興味のある「見込み客」というわけです。

読み手を意識して文章を考えてみてください。

上記を踏まえて、読み手に伝えるべき内容をよーく考えてみてください。言うまでもなく、売上にも大きく影響するとても重要なポイントです。

ショップ説明文の書き方

代表的な5つの項目を紹介します

パソコン

ショップ説明文の書き方として、代表的な5つの項目をご紹介します。読み手を想像して、必要な項目だけを掲載する形で考えてみてください。

どんなお店なのか掲載する

シンプルな言葉で、誰が何を販売しいてるお店なのかを伝えましょう。商品ページではないので、過剰なセールストークは必要ありません。

お店のコンセプトを掲載する

文章が思い浮かばない方は下記を参考にしてください。

  • お店のこだわりを伝える。
  • 誰に向けた商品なのか伝える。
  • ショップ名の由来を伝える。
  • お店を開業するキッカケを伝える。
  • 商材に関するあなたの知識を伝える。

コンセプトは出来る限り短く。あなたのお店がイメージできる「単語」をピックアップしてから、文章を組み上げていくと作りやすいです。

実店舗やネットでの活動拠点を掲載する

たとえば下記のような内容です。

  • 実店舗の住所(写真)
  • 公式ホームページ
  • 公式SNS(Instagram、Twitter、Facebookなど)

実店舗を含む活動拠点は多いほど信頼度を高めることができます。

2024年版|ホームページ作成ツール徹底比較《おすすめはココ》よくわかる料金比較表・操作動画掲載!

初心者でも自分でホームページが作れる、オンラインサービス・ソフトをご紹介します。お店のホームページ、企業のコーポレートサイト、副業のアフィリサイト、個人のポートフォリオ作成まで、サービス選びの参考にど ...

お店の実績を掲載する

たとえば下記のような内容です。

  • お店としての沿革など
  • ランキングや受賞の経歴
  • 雑誌やメディアの掲載情報
  • あなた個人の経歴など

これ以外にも、お店とは関係のない第三者の評価は実績になります。

よくある質問・Q&Aを掲載する。

お客様からの質問などを掲載しましょう。

  • 再入荷の連絡について
  • 商品交換や返品について
  • 発送までの期間について

ほとんどの場合「特定商取引法」のページに記載してあるわけですが、それよりも目につきやすい「ショップ説明文」に加えた方がいいです。

まとめ

まとめ

ネットショップにおける店舗紹介の書き方について、人気店舗によくある一例やアイデアをご紹介しました。

よくある構成をまとめると下記の通りです。

  • どんなお店なのか
  • お店のコンセプト
  • お店の活動拠点
  • お店の実績
  • お店によくある質問

あとはお店にあわせた構成をよく検討してみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。
また新しい情報などあれば更新していきます。

\ こちらの記事をシェアする /
  • この記事を書いた人
今時店長

今時店長

楽天市場の某大型サイトにて、2005年~2013年まで運営責任者を務める。その経験を活かし、2013年に楽天市場のショップへのサポートを目的に当サイトを立ち上げました。2016年に情報サイトとしてリニューアル、より幅広い層の方々にオンラインビジネスのノウハウやアドバイスを提供しています。

運営企業情報(プロフィール・運営理念)
掲載依頼・お問い合わせ
誤り報告フォーム

-ネットショップ開業・運営・集客