Xserverショップ

広告 ネットショップ構築・ECカート

格安EC-CUBEのクラウド版「Xserverショップ」を徹底調査[特徴・料金・感想などご紹介]

エックスサーバーにてEC_CUBE(イーシーキューブ)ベースで提供されている「Xserverショップ(エックスサーバー)」というサービスについて解説します。

\30日間の無料体験を今すぐスタート/

基本情報

Xserverショップとは

Xserverショップ

国内有数のレンタルサーバー会社が提供するサービス。

国内トップクラスの利用シェアを誇る「エックスサーバー」が提供する「EC_CUBE」を利用したクラウド版のネットショップ作成サービスです。

EC_CUBEとは。

EC_CUBEとは、株式会社イーシーキューブが開発している、オープンソースのECカートプログラムです。EC構築システムでは国内No.1の利用シェアを誇ります。

EC_CUBEの公式サイトでは、自社サーバーにインストールして使えるダウンロード版と、メンテナンスフリーで使えるクラウド版が提供されています。

元はネクストショップというサービス名称でした。

元は2020年1月21日に無料から利用できるサービスとしてスタートしましたが、2021年2月8日に無料版を廃止、有料版だけでリニューアルされました。

現在の「Xserverショップ」は販売手数料は0円、決済手数料はこれまでよりも抑えて、独自ドメインつき、オプションだったメール機能も標準搭載しています。

基本情報

サービス名称
Xserverショップ・EC_CUBE(エックスサーバーショップ)
運営事業者
エックスサーバー株式会社

初期費用
11,000円 (税込)

全プラン共通

月額費用
ベーシック
1,980 (税込)
スタンダード
4,950 (税込)
プレミアム
9,900 (税込)
最短契約期間
1ヶ月
商品登録数
商品登録数
無制限
ディスク容量
ベーシック:5GB
スタンダード :50GB
プレミアム:200GB
URL
独自ドメイン
全プラン無料提供、更新費用も無料、移管申請も可能
常時SSL化
対応済み
備考欄
独自ドメインは、全プランに無料で提供されます。商品登録数は無制限ですが容量の制限があります。
サポート窓口
(日本語)
電話
メール
EC-CUBEの利用法、ショップ運営については対象外です。

Xserverショップのプラン比較

プラン名 ベーシック スタンダード プレミアム
概要 小規模店舗運営に すでにネットショップ運営中の方や
長期運営を見据えた方に
大規模店舗運営に
月額利用料(税込) 1,980円~ 4,950円~ 9,900円~
ディスク容量 5GB 50GB 200GB
商品登録数 無制限 無制限 無制限
販売手数料 0円 0円 0円
決済手数料 0円
※Stripeを介した決済のみ4%
0円
※Stripeを介した決済のみ4%
0円
※Stripeを介した決済のみ4%

各プランは、全ての機能などは一緒で違うのは容量だけです。契約後に、上位プラン、下位プラン、どちらも変更可能です。※2021年8月時点

公式クラウド版よりも料金は圧倒的に安い

公式クラウド版(ec-cube.co)は、初期費用70,000円、月額39,800円~64,800円と高額です。料金だけで比較すると、圧倒的にコチラの方が安いですね。

Xserverショップ(30日間無料体験はこちら)

今時店長
今時店長
クラウド版の「EC_CUBE」を導入するならイチオシサービスです。エックスサーバーなので、サーバースペックも申し分ありません。
2024年版|無料ネットショップ開業サービス徹底比較
【2024年最新版】無料ネットショップ開設サービス徹底比較!おすすめアプリをご案内

無料でネットショップを開設できるアプリやサービスについて、ECサイト運営実績10年以上の経験や感想をもとに、オススメサービスをご紹介します。 このページに掲載してある、全てのサービスは初期費用、月額0 ...

決済手数料

Xserverショップの決済について

Xserverショップでの決済について、導入できる決済の種類、決済手数料などについて確認しておきたいポイントを解説します。

Stripe決済が簡単に導入できる。

Xserverショップでは「Stripe」の決済が簡単に導入できます。Stripeは、世界的に利用されているオンラインでのクレジットカード決済サービスです。

Xserverショップ・EC_CUBEの決済手数料・入金サイクル

決済手数料
(クレジットカード)
Stripe(公式)
4%

全プラン共通

注目:販売手数料は0円
公式決済(Stripe)以外の決済を導入した場合には、Xserverショップ に支払う手数料はありません。 参照元
振込手数料
Stripe(公式)
入金額の0.25% + 250円
入金サイクル
Stripe(公式)
月末締めの翌月末払い
管理画面から、Stripeのアカウントに連携できます。Stripeアカウントは、個人、法人、どちらでも接続可能です。

通常にStripe決済を導入するよりも高い。

上記をみてお気づきの方もいるかもしれませんが、Stripe決済は通常に導入できる「3.6%」よりも高いです。これは仕様なので仕方のないことですね。

ちなみに、自前でStripeを導入する方法も確認してみたところ、拡張機能で有料プラグイン(55,000円)などもありました。詳細は問い合わせてください。

Xserverショップ・EC_CUBEの対応している支払い方法

クレジットカード
一括払
分割払
コンビニ決済
後払い決済
銀行振込
代金引換
キャリア決済
楽天ペイ
Amazon Pay
PayPay(ペイペイ)
LINE Pay
PayPal(ペイパル)
Stripe
Square
Google Pay
Apple Pay
初期状態で導入できるのは、Stripeを利用したクレジットカード決済、銀行振込、代金引換の4つです。

Xserverショップ・EC_CUBEと連携できる決済代行サービス

SBペイメントサービス、ペイジェント、ベリトランス、NP後払い、atone、EC-CUBEペイメント、ZEUS、AmazonPay、Paidy、ルミーズ、PayPal、など EC_CUBEで使える決済サービス

決済手数料は決済事業者との契約次第で下がる。

EC_CUBEは、ほかにも色々な決済事業者のクレジットカード決済を導入することができます。つまり、店舗の売上と交渉次第で決済手数料は下げることができます。

Xserverショップ(30日間無料体験はこちら)

今時店長
今時店長
決済手数料は、若干高いですが、初期導入の手軽さとオールインワンで使えるセキュリティ面を考えれば許容範囲とも言えそうです。
ネットショップ販売手数料の最安値はココ[初期・月額・クレジットカード決済手数料を比較]
【2024年最新】ネットショップの決済手数料を比較!最安値サービスはコレ

ネットショップ作成サービスのクレジットカード決済手数料について比較してみました。初期費用、月額費用とあわせてチェックしてみてください。 こんな方におすすめの記事 無料サービスで実質的に負担する手数料に ...

操作面

Xserverショップの操作面について解説します

Xserverショップ(旧ネクストショップの管理画面)

上画像は、ネクストショップ(Xserverショップ)の管理画面です。お店のデザインから商品の受注まで、全てのコチラの画面を起点に行うことができます。

Xserverショップオリジナルテンプレートが使える。

デザインの基本になるテンプレートは、Xserverショップオリジナルテンプレートがインストールされています。とてもシンプルで使いやすいテンプレートです。

初期状態でプラグイン(機能)がインストールされている。

初期状態でEC_CUBEに機能を追加できるプラグインがインストールされています。不要なプラグインに関しては停止する事もできます。

Xserverショップ(30日間無料体験はこちら)

今時店長
今時店長
管理画面は「EC_CUBE」をベースにさらに使いやすくカスタマイズされた印象です。操作はサクサクでストレスは感じません。

機能

Xserverショップの機能面について

Xserverショップというよりも、EC_CUBEが無料プラグインで実現できる機能と、有料プラグインが必要な部分についてまとめてみました。

Xserverショップ・EC_CUBEの機能

基本機能
販促関連
送料詳細設定
クーポン発行
◯※
HTML編集
レビュー機能
◯※
年齢制限
◯※
ポイント機能
購入個数制限
◯※
予約販売
◯※
パスワード保護
◯※
定期販売
◯※
名入れ
◯※
まとめ販売
◯※
英語表記
抽選販売
複数配送先指定
◯※
再入荷通知
◯※
副管理者
レコメンド機能
◯※
ダウンロード販売
◯※
外部カート
電子チケット販売
フォローメール
◯※
一括処理(CSV)
入力
出力
メールマガジン
◯※
アクセス解析
◯※
連携サービス
オンデマンド販売
Googleショッピング連携
◯※
インスタグラム連携
◯※
補足事項
独自ドメインでのメール送信機能は標準搭載です。上記のなかで無料プラグインで実現できるのは、ポイント機能、レビュー機能、アクセス解析(Googleアナリティクス利用すれば無料)の3つでした。あとは、基本的に有料プラグインの導入が必要になります。
Xserverショップ・EC_CUBEの機能はこちら

EC-CUBE(Xserverショップ)の標準機能をまとめ

EC-CUBEの標準機能だけでどこまで利用できるのか気になる方も多いのではないでしょうか。そこで、Xserverショップの標準機能と無料でインストールできるプラグインを含めた機能一覧をまとめてみました。

機能 説明
ショップを作る
クレジットカード決済プラグイン Stripe導入済み
その他の決済サービス EC-CUBEに対応するものは利用可
レイアウト編集 トップページや商品ページのレイアウトを編集
モバイル専用レイアウト設定 モバイル専用に最適化したレイアウトを設定
HTMLコードエディタ 管理画面上でHTMLを直接修正
テンプレート設定 デザインテンプレートを適用 ※現在は初期のみ
ソーシャルボタン設置(プラグイン) 商品情報をSNSで共有
SEO管理 METAタグをページごとに設定
お問い合わせフォーム お問い合わせ用のメールフォーム
特定商取引に関する法律 必要項目を記載した雛形あり
商品を販売する
一覧並び替え機能 価格順や新着順で並び替え
おすすめ商品表示(プラグイン) 管理画面から設定
在庫終了ステータス 在庫切れ時に自動で品切れ表示
ユーザレビュー(プラグイン) レビューの受付・表示・管理
商品お気に入り登録 会員による商品のお気に入り登録
商品カテゴリ検索 カテゴリ検索(キーワードとの併用可)
商品キーワード検索 キーワード検索(カテゴリとの併用可)
新着情報表示 お知らせなどの新着情報を表示・管理
カート機能
ショッピングカート機能 基本的なショッピングカート機能
非会員購入機能 非会員でも商品購入可能
別のお届け先入力機能 会員の複数お届け先登録
配送時間指定 配送時間の設定
お支払い方法選択 お支払い方法の設定
ポイント購入機能 会員のポイントシステム
商品一覧からカートに追加 一覧画面からのカート追加
カートの永続化機能 ログアウト後もカート情報を保持・復活
売上集計(プラグイン) 種別ごとの売上集計とグラフ表示
商品管理機能
商品インポート(プラグイン) 大手モールからの商品データコピー ※マニュアル参照
商品検索/一覧 商品の検索と一覧表示
商品登録/編集機能 商品の基本データ登録
商品画像登録 商品画像の登録
在庫情報登録 在庫数の登録
商品情報CSV 商品データのCSV一括登録・出力
商品一括変更機能 一覧画面での一括変更
規格登録 サイズや色などの規格設定
カテゴリ登録/編集 複数階層のカテゴリ登録・編集
複数カテゴリ 商品への複数カテゴリ設定
カテゴリ情報CSV カテゴリ情報のCSV一括登録・出力
タグ登録/編集 商品への付加タグの登録・編集
販売制限 一度の注文での購入数制限設定
商品キーワード検索項目登録 ショップ内検索用キーワードの登録
受注機能
受注情報検索/一覧 受注情報の検索と一覧表示
受注情報CSV出力 受注情報のCSV出力
配送情報CSV出力 配送情報のCSV出力
新規受注情報入力 手動での受注登録
受注情報編集 受注情報の手動編集
出荷CSV登録 出荷日時や問い合わせ番号のCSV登録
対応状況一括変更 受注の対応状況一括変更
出荷メール一括送信機能 出荷メールの一括送信
問い合わせ番号(出荷伝票番号)入力機能 受注管理画面からの問い合わせ番号入力
対応状況設定 受注ステータスの設定
各種メール送信 受注画面からのメール送信
納品書PDF出力 納品書のPDF出力
ショップ用メモ登録機能 管理者用メモの登録
配達用メモ登録機能 出荷作業者や配送業者へのメモ登録
顧客情報登録/編集 顧客情報の手動登録・編集
顧客情報CSV出力 顧客情報のCSV出力
店舗管理機能
自動アップデート(プラグイン) 本体と初期プラグインの自動アップデート
管理者登録 複数管理者の登録と権限設定
支払い方法/手数料設定 支払方法ごとの手数料設定
支払い方法利用条件設定 支払方法ごとの利用条件設定
配送料無料条件設定 配送料無料の条件設定
配送業者/配送料/配送時間設定 配送に関する詳細設定
商品別税率設定 消費税率と計算方法の設定
メール設定機能 各種メールの文章設定
ポイント設定 ポイント付与率の設定
セキュリティー管理 アクセス制限やURL変更など
受注状況 管理画面トップに受注状況を表示
売上状況 管理画面トップに売上状況を表示
ショップ状況 管理画面トップにショップ状況を表示

EC-CUBEは、追加できる無料・有料のプラグインも豊富

EC-CUBE(Xserverショップ)に追加できる無料プラグイン

上記以外にも、EC-CUBEのプラグインは多数用意されています。セキュリティ、ソーシャル連携、決済、集客、顧客管理・販促、物流・在庫管理、機能カスタマイズなど、ショップ運営に必要な機能を拡張できます。これらのプラグインは管理画面から簡単にインストールできるので、手間をかけずに機能を追加できるのがEC-CUBEの大きな利点です。

Xserverショップ(30日間無料体験はこちら)

今時店長
今時店長
プラグインは、買い切りが多いので、サブスクが多い海外カートと比較すると料金は安いという印象を受けました。

まとめ

まとめ

エックスサーバーにてEC_CUBE(イーシーキューブ)ベースで提供されている「Xserverショップ」というサービスについて解説しました。

こんな方に最適なサービスです。

  • カスタマイズできるECカートを利用したい方。
  • 商品情報や顧客データを自社で管理したい方。
  • 格安にクラウド版の「EC_CUBE」を利用したい方。

EC_CUBEを利用するための手段として、料金はリーズナブル、セキュリティ面も安心、サーバーも強いと三拍子揃うためイチオシです。

あわせてチェックしてほしいサービス

無料で開業できるネットショップはこちら。

2024年版|無料ネットショップ開業サービス徹底比較
【2024年最新版】無料ネットショップ開設サービス徹底比較!おすすめアプリをご案内

無料でネットショップを開設できるアプリやサービスについて、ECサイト運営実績10年以上の経験や感想をもとに、オススメサービスをご紹介します。 このページに掲載してある、全てのサービスは初期費用、月額0 ...

EC_CUBEは、Shopifyと比較されることが多いです。

【世界No.1】Shopifyの評判どう?圧倒的に支持される秘密を徹底解明
【世界No.1】Shopifyの評判どう?圧倒的に支持される秘密を徹底解明

「Shopifyって本当に評判いいの?」 世界シェアNo.1のネットショップ作成サービスとして知られるShopifyですが、実際に使ってみた人の評判が気になりますよね。 そこで今回は、私自身のShop ...

大規模サイトならmakeshopもあわせてチェック。

keshopの評判どう?11年連続流通総額トップの理由を徹底解明
makeshopの評判どう?11年連続流通総額トップの理由を徹底解明

ネットショップ運営者なら誰もが知る、国内流通総額No.1のショッピングカート「makeshop(メイクショップ)」。 でも実際のところ、利用者の評判はどうなのでしょうか? 11年連続で業界トップの座を ...

最後まで読んで頂きありがとうございました。
また新しい情報などあれば更新していきます。

\ こちらの記事をシェアする /
  • この記事を書いた人
今時店長

今時店長

楽天市場の某大型サイトにて、2005年~2013年まで運営責任者を務める。その経験を活かし、2013年に楽天市場のショップへのサポートを目的に当サイトを立ち上げました。2016年に情報サイトとしてリニューアル、より幅広い層の方々にオンラインビジネスのノウハウやアドバイスを提供しています。

運営企業情報(プロフィール・運営理念)
掲載依頼・お問い合わせ
誤り報告フォーム

\30日間の無料体験を今すぐスタート/

-ネットショップ構築・ECカート
-