グーペの予約機能どうなの

広告 ホームページ作成

【徹底解説】グーペの予約機能どうなの?カレンダー表示・予約フォーム設定など出来ることを解説

初心者でも簡単にホームページが作れる「グーペ(Goope)」の予約機能(予約システム、カレンダーなど)について徹底解説します。

予約機能は簡単に表面だけを語られる事が多いので、さらに深堀りして具体的な使いみちまでご紹介していきます。

グーペの予約機能について

グーペには二つの予約機能が搭載されています

グーペ(Goope)

グーペの基本情報

サービス名称
グーペ (Goope)
運営事業者
GMOペパボ株式会社
ホームページ制作
初心者向け難易度
とっても簡単(5点)

★の数は操作の簡単さを示します。★多い=初心者向け、★少ない=カスタマイズ性が高いとお考えください。
料金
初期費用
3,300 (税込)
月額費用
ライト
1年契約:1,100 (税込)
1/3/6ヶ月契約:1,650円 (税込)
スタンダード
人気
1年契約:3,300 (税込)
1/3/6ヶ月契約:3,850円 (税込)

料金プランの比較
ページ数・容量
ライト
5GB

スタンダード
50GB
広告非表示
広告はつきません
独自ドメイン
全プラン対応
常時SSL
標準対応
最短契約期間
1ヶ月
デザイン
テンプレート数
HTML編集
約40種類
サイト制作
スマートフォン
パソコン
サポート
電話
メール
◯※
※スタンダードプランのみ電話サポートがつきます。
備考欄
独自ドメインは他社サービスで取得したものでも利用できます。スタンダードプランは、ドメインの新規取得、管理なども無料で利用できます。
搭載機能
問合せフォーム
決済機能
予約機能
店頭クーポン
ブログ
メールマガジン
アクセス解析
Google アナリティクス連携
ライトプランから、全ての機能が利用できます。ホームページへの問合せは、グーペの管理画面でメッセージなどを確認できます。

2つの予約機能が標準搭載されています。

  • 旧予約機能・・・メール、電話で予約を受け付ける機能。
  • イベント予約機能・・・複数人の参加募集を受け付ける機能。

グーペには、旧予約、イベント予約、という二つの予約機能が搭載されています。

電話予約をメールで受付できるイメージです。

どちらの機能もメールで予約を受け付ける簡易的なものです。空き状況をカレンダーで表示とか、事前決済などに対応しているサービスではありません。

グーペ(無料おためし15日間はこちら)

今時店長
今時店長
ホームページと簡易的な予約機能がほしい方に最適です。初心者でも専門的な知識は不要で操作することができます。
失敗しないホームページ予約システムの選び方
失敗しないホームページ予約システムの選び方!費用や機能の違いを解説【操作動画も掲載してます】

ホームページに導入できる予約システムについて、いくつかのサービスの費用や機能の違いについて解説します。 同じ予約機能でも、サービスごとに内容は違います。有料サービスも含めて、口コミ情報として感想を掲載 ...

グーペの予約機能その1(旧予約機能)

旧予約機能とは

グーペの旧予約機能とは

店舗側でコースを設定してメールで予約を受け付ける機能です。旧予約機能という名前ですが、現在(2020年11月時点)もつかえる予約機能の1つです。

たとえば小さな飲食店のコース予約に使える。

飲食店の予約

たとえば、小さな飲食店のコース予約などに利用できます。あくまでも、電話での予約をメールにしたというイメージという機能性と考えてください。

店舗側のコース設定画面。

グーペの旧予約機能の設定画面

コース名と内容を入力できます。料理、レッスン、施術などのコースに使えます。

入力フォームの作成画面。

グーペで予約フォーム登録画面

入力フォームは、予約フォーム、電話、テイクアウトという3つの受付タイプが選択できます。予約フォームは、希望時間、人数、コースなどを選択できます。

電話から予約を選択した場合には、電話番号が表示されます。テイクアウトの受付を選択した場合には、購入数、メニュー欄の表示という項目が追加されます。

予約申込みは管理画面から返信できる。

グーペの予約機能は管理画面から返信できる

予約の申込みは、メールで通知がきて管理画面にて確認できます。管理画面からメールの返信ができるので、場所を選ばずに対応することが可能です。

グーペ(無料おためし15日間はこちら)

今時店長
今時店長
予約に特化したメールフォーム作成機能と考えるとしっくりきます。シンプルな予約受注であれば、コチラの機能で十分です。
無料で使える入力フォーム作成ツール
2024年版|無料で使えるメールフォーム作成ツール8選!広告なし・埋め込み・顧客管理など徹底解説

無料で利用することができるメールフォーム作成ツールをご紹介します。実際に全てのサービスを利用して、感想などを加えつつ解説していきます。 インターネットを使い無料で、お問い合わせ、資料請求、アンケートフ ...

グーペの予約機能その2(イベント予約機能)

イベント予約機能とは

グーペのイベント予約機能とは

2020年11月に追加された新しい機能です。ネーミングからもわかるとおり、イベント実施の参加予約を受け付けることに特化したサービスです。

たとえば自宅で開催するヨガ教室の参加募集に使える。

たとえば不定期開催のヨガ教室で使える

たとえば、個人が自宅などで開催する、不定期開催のヨガ教室の参加予約などで使えます。予約機能というよりも、(参加者)募集機能というイメージです。

イベント予約機能でイベントを登録している様子。

上動画は、実際に登録している動画です。イベントの名前、内容、価格(参加費)などを設定して、カレンダーで開催日時を選択すれば登録完了です。

予約カレンダーは手作業で記入するのみ。

グーペのカレンダー機能

グーペには、カレンダー機能が標準搭載されていますが、予約機能とは連動していません。つまり、予定の記入は手作業が必要になります。

イベント参加申込者への対応は自動返信メールだけです。

イベントへの参加希望が入ると、そのユーザーにあらかじめ設定した自動返信メールが送信されます。事前決済機能などはついていません。

グーペ(無料おためし15日間はこちら)

今時店長
今時店長
小規模なイベントやセミナー開催などの参加申込使える機能です。カレンダー機能とは連動していない簡易的なタイプです。
STORESで電子チケットの販売
最短2分|無料で電子チケットを作成する方法!自己主催の教室・ライブ・イベントをスマホ入場で簡単管理

自己主催のワークショップや勉強会などのイベントで簡単で支払いできる電子チケットを格安に導入する方法について解説します。 こんな方におすすめの記事 コンサート、ライブ、演劇などの支払い方法を考えている方 ...

まとめ

まとめ

初心者でも簡単にホームページが作れる「グーペ(Goope)」の予約機能(予約システム、カレンダーなど)について徹底解説しました。

グーペの予約機能は、予約申込のメールフォームを作成するようなタイプです。簡易的なものなので、予約システムのような管理機能はありません。

あわせてチェックしてほしい記事

毎週定期的に開催するイベントはコチラ。

ペライチの予約機能どうなの?
ペライチの予約機能どうなの!?実際に利用した感想・評価に加えて最適な使いみちなどを解説

ホームページ作成ツール「ペライチ」の予約機能について調査してみました。予約機能に興味はあるけど、有料プランに契約するのを躊躇している方など、ぜひコチラの記事を参考にしてみてください。 ペライチとは ペ ...

本格的な予約システムはコチラ。

失敗しないホームページ予約システムの選び方
失敗しないホームページ予約システムの選び方!費用や機能の違いを解説【操作動画も掲載してます】

ホームページに導入できる予約システムについて、いくつかのサービスの費用や機能の違いについて解説します。 同じ予約機能でも、サービスごとに内容は違います。有料サービスも含めて、口コミ情報として感想を掲載 ...

最後まで読んで頂きありがとうございました。
また新しい情報などあれば更新していきます。

\ こちらの記事をシェアする /
  • この記事を書いた人
今時店長

今時店長

楽天市場の某大型サイトにて、2005年~2013年まで運営責任者を務める。その経験を活かし、2013年に楽天市場のショップへのサポートを目的に当サイトを立ち上げました。2016年に情報サイトとしてリニューアル、より幅広い層の方々にオンラインビジネスのノウハウやアドバイスを提供しています。

運営企業情報(プロフィール・運営理念)
掲載依頼・お問い合わせ
誤り報告フォーム

-ホームページ作成
-,