BASEとエックスサーバーで独自ドメインを併用利用する手順

広告 ネットショップ開業・運営・集客

BASE&エックスサーバーで独自ドメインの併用手順!1つのドメインでショップ・ブログ・メールを運用する方法

BASE(ベイス)とエックスサーバーで独自ドメインを併用して利用する手順を解説します。

BASEを独自ドメインで運用しながら、同じドメインでブログ(WordPress)やメールを利用したいという方は、コチラの記事を参考にしてください。

基礎知識

BASEの独自ドメインの仕様

BASEの独自ドメインの仕様

まずは、BASEの独自ドメインの仕様を確認しておきましょう。

サブドメインがないドメインはご利用いただけません。(wwwについてはご利用いただけます)

赤枠部分を書き出してみました。

BASEはサブドメイン以外は使えません。

サブドメインとは「◯◯◯.n10shop.com」の赤線部分ですね。

つまり、そのまま「https://ec.minikuru.co.jp」みたいに設定はできません。

  • shop.n10shop.com
  • www.n10shop.com
  • base .n10shop.com

上記のように自分の好きな言葉を指定して利用します。

ちなみに「www」は指定できます。

企業サイトはサブドメインを使うことはよくあります。

たとえば、ヤフーとかもいくつもサブドメインで色々と運営しています。

  • www.yahoo.co.jp・・・ヤフー
  • auctions.yahoo.co.jp・・・ヤフオク
  • blog.yahoo.co.jp・・・ヤフーブログ

こんな感じで、ネットショップとブログも切り分けて運用すればいいですね。

今時店長
今時店長
サブドメイン名は「shop.◯◯◯.jp」みたいに「shop」を加えている店舗が多いようです。迷ったら参考にしてください。

今回やりたいこと

独自ドメインをエックスサーバーとBASEで併用して利用する

ビジネス

独自ドメインを、BASEとエックスサーバーで併用して利用します。

  • https://◯◯◯.com ・・・WordPress(エックスサーバー)
  • https://shop.◯◯◯.com・・・ネットショップ(BASE)
  • info@◯◯◯.com・・・メールアドレス

つまり、上記のようなアドレス構成で運用できます。

今時店長
今時店長
当サイトも「エックスサーバー」で運用しています。国内シェア第一位で速度も高速で安定しています。

ドメインの取得・設定

新規に独自ドメインを取得する方はコチラ

新規に独自ドメインを取得して、エックスサーバーに設定するまでの手順です。すでに、エックスサーバーをお使いの方は「コチラ」よりお進みください。

ドメインを取得する

定番の3社です、どこでも構いません。

エックスサーバー」は新規契約で独自ドメインをもらえるキャンペーンを頻繁に開催しています。もちろん、この無償提供されたドメインもBASEに使えます。

ネームサーバーを設定する

取得したドメインのネームサーバーをエックスサーバーに変更します。

1.ドメイン取得サービスでネームサーバーを設定する。

エックスサーバーのネームサーバはコチラです。

  • ネームサーバー1:ns1.xserver.jp( 219.94.200.246 )
  • ネームサーバー2:ns2.xserver.jp( 210.188.201.246 )
  • ネームサーバー3:ns3.xserver.jp( 219.94.200.247 )
  • ネームサーバー4:ns4.xserver.jp( 219.94.203.247 )
  • ネームサーバー5:ns5.xserver.jp( 210.188.201.247 )

上記の参照元は「こちら」です。

2.エックスサーバー側でドメインを設定する。

反映されるのに数分程度は掛かります。

エックスサーバーが利用できる状況になりました。

WordPressは「https://blog.◯◯◯.com」みたいにサブドメインにインストールすることもできます。サブドメインの設定は「コチラ」に解説されています。

今時店長
今時店長
作業自体は数分程度で完了できます。反映に少し時間が掛かるので、気長に待ちましょう。

BASEにサブドメインを設定する

エックスサーバーで運用中の独自ドメインに設定

エックスサーバーで運用中の独自ドメインの「DNSレコード」を編集して「BASE」にサブドメインを設定していきます。

1.エックスサーバー側でDNSレコードを設定する

エックスサーバーにてDNSの設定

「サーバーパネル」→「DNSレコード設定」→「ドメイン選択」をクリックします。

エックスサーバーにてBASEの独自ドメインを設定する
  1. DNSレコード追加を入力。
  2. ホスト名:「shop」と入力。
  3. 種別:「CNAME」を選択。
  4. 内容:「cname.thebase.in」と入力。

「shop」はお好きな名前で問題ありません。

2.BASE側でドメイン名を設定する。

BASEにて独自ドメインを設定する
  1. 独自ドメインApp」をインストールする。
  2. 「ドメイン名」を設定する。

ドメイン名は、エックスサーバーで指定したホスト名です。

あとは時間が経過すれば反映されます。

BASEに独自ドメインを適用したあとのリダイレクト

上画像のように、変更前アドレスにアクセスすると、自動的に新しいアドレスに301リダイレクト(自動転送)されます。つまり、検索経由のアクセスはそのままです。

SSLも設定不要で適用されます。

今時店長
今時店長
ほかにも、サブドメインを使いたければ、エックスサーバー側でDNSレコードを指定すれば運用できます。

まとめ

まとめ

BASE(ベイス)とエックスサーバーで独自ドメインを併用して利用する手順を解説しました。

エックスサーバー以外のレンタルサーバーでも、DNSレコードの設定をすればサブドメインの設定はできます。

最後まで読んで頂きありがとうございました。
また新しい情報などあれば更新していきます。

\ こちらの記事をシェアする /
  • この記事を書いた人
今時店長

今時店長

楽天市場の某大型サイトにて、2005年~2013年まで運営責任者を務める。その経験を活かし、2013年に楽天市場のショップへのサポートを目的に当サイトを立ち上げました。2016年に情報サイトとしてリニューアル、より幅広い層の方々にオンラインビジネスのノウハウやアドバイスを提供しています。

運営企業情報(プロフィール・運営理念)
掲載依頼・お問い合わせ
誤り報告フォーム

-ネットショップ開業・運営・集客
-