給料

広告 ネットショップ開業・運営・集客

【参考値】ネットショップの経営者の年収はいくらなの?再現性のある数字で算出してみた

ネットショップ経営者の年収について、それなりに再現性のある数字で算出してみた参考値をご紹介します。

はじめに

年収を調べてもいまいちピンとこない

ピンとこない

ネットショップに挑戦してみよう!と考えて、気になるのが「年収」です。そこで、色々なサイトで調べてみるのですが、これがイマイチピンとこない・・・。

ネットショップの成功例に再現性がないからです。

なぜなら、ネットショップの成功例のほとんどに再現性がないからです。そこで、実際に再現性のある数字を利用して、月商と月収および年収を算出してみました。

その前に・・。

アノ店は稼いでいるのか?誰でも他人の財布事情は気になるものです。それを推測できる1つの目安に「個人事業主」と「法人化」の違いがあります。

気になるショップがあれば「特定商取引法」をチェックしてみてください。個人事業主から法人成りの目安は年収700万円と言われているので、個人事業主であればそれ以下の年収である可能性が高いです。

なぜ、独立したのか?

売上を爆発的に伸ばしたのに、思いのほか給料に反映されなったからです。成果に対して報酬が少なければ、辞めるほかに選択肢はありません。

最新版|ネットショップでの個人仕入れのノウハウ11選!基本~無在庫まで完全解説
【初心者必見】ネットショップ開業の商品仕入れ方法「基礎から具体的な探し方・アイデアまで解説」

ネットショップを開業したいけど、商品の仕入れ方法がわからない…。 そんな個人の方に向けて、この記事では実践的な解決策をご紹介します。 ネットショップ運営実績10年以上の筆者が、個人でも利用できる仕入れ ...

経営者の年収はいくら?

それなりに再現性のある数字で計算してみました

計算

というわけで、具体的に商品の仕入や出店方法などを決めて、それなりに再現性のある数字でお店としての収入を計算してみました。

基本情報

出店先
BASE
商材
レディースアパレル
客単価
3,000円

出店方法は「BASE」を利用します。

【完全ガイド】BASEの評判どう?実体験をもとにメリット・デメリットを徹底解説!
【完全ガイド】BASEの評判どう?実体験をもとにメリット・デメリットを徹底解説!

BASEは、無料で利用できるネットショップ作成サービスとして広く知られていますが、その評判は実際のところどうなのでしょうか? 本記事では、BASEを実際に利用した経験をもとに、サービスの魅力的な特長や ...

月商100万円の場合。

月商
100万円
原価率(46%)
46万円
販売手数料(7.9%)
8万円
諸経費(5%)
5万円
月収
41万円
年収
492万円

※在庫、人件費、広告費、一切考慮していません。

今時店長
今時店長
意外にも!?妥当な数字がでました。 一日10件程度注文数なので、ひとりビジネスでも十分成立します。

再現性のある数字の根拠

原価率(原価÷販売価格×100)

NETSEAでランキング1位の商品

仕入サイトの「NETSEA(ネッシー)」で調べた、某ファッション通販サイトで一位を獲得していた商材の原価率をそのまま採用しました。アパレルの理想値は25%~30%と言われていますが、調査した原価率46%を採用しています。

販売手数料(客単価3,000円で計算)

無料ネットショップ作成サービスである「BASE」に出店したと仮定して、客単価3,000円での販売手数料は概算で7.9%で算出しました。

計算
BASEの手数料が”高い”と感じる理由はコレ!販売手数料早見表と計算方法でわかりやすく解説

BASEの手数料が高いと感じるお店の特徴について解説します。 これにあわせて、BASEの手数料の計算方法(送料、消費税など)についても、公式サイトを補足する形で解説しているので参考にしてみてください。 ...

さらに月商を伸ばしてみました

※在庫、人件費、広告費、一切考慮していません。

月商200万円の場合。

月商
200万円
原価率(46%)
92万円
販売手数料(7.9%)
16万円
諸経費(5%)
10万円
月収
82万円
年収
984万円
今時店長
今時店長
計算上では一日20件前後の注文数になります。発送業務専門のスタッフがほしいですね。

月商500万円の場合。

月商
500万円
原価率(46%)
230万円
販売手数料(7.9%)
40万円
諸経費(5%)
25万円
月収
205万円
年収
2,460万円
今時店長
今時店長
計算上では一日55件前後の注文数になります。楽天市場の返金月商が400万円くらいです。ちなみに、レディースアパレルは平均よりも高めの700万~800万程度だったと記憶しています。

月商1,000万円の場合。

月商
1,000万円
原価率(46%)
460万円
販売手数料(7.9%)
79万円
諸経費(5%)
50万円
月収
411万円
年収
4,932万円
今時店長
今時店長
このレベルになると、原価率はもっとさげることができます。つまり、月収も年収もグッとあがるというわけです。

まとめ

まとめ

ネットショップ経営者の年収について、再現性のある数字で算出してみた参考値をご紹介しました。

繰り返しになりますが、年商と年収は比例しません。ネットショップは再現性も低いため、その都度、自分の状況にあわせて計算してみてください。

あわせて読みたい

仕入れ資金がきびしい方はこちらもチェック。

仕入資金0円で売れる!販売型クラウドファンディング、資金調達の仕組みとおすすめサービス紹介
資金ゼロからの通販ビジネス!クラウドファインディングでの資金調達&おすすめサービス紹介

商品仕入の資金0円でも、ネットショップで商品を販売できる、購入型クラウドファンディングについて仕組みとオススメサービスなどご紹介します。 こんな方に読んでほしい記事です。 ネットショップに興味のある方 ...

最後まで読んで頂きありがとうございました。
また新しい情報などあれば更新していきます。

\ こちらの記事をシェアする /
  • この記事を書いた人
今時店長

今時店長

楽天市場の某大型サイトにて、2005年~2013年まで運営責任者を務める。その経験を活かし、2013年に楽天市場のショップへのサポートを目的に当サイトを立ち上げました。2016年に情報サイトとしてリニューアル、より幅広い層の方々にオンラインビジネスのノウハウやアドバイスを提供しています。

運営企業情報(プロフィール・運営理念)
掲載依頼・お問い合わせ
誤り報告フォーム

-ネットショップ開業・運営・集客