Shopeeとは

広告 ネットショップ構築・ECカート

Shopeeの出店情報まとめ|出店条件・料金・評判・メリットをわかりやすく解説

東南アジアおよび台湾最大級のECモールである、Shopee(ショッピー)に関する情報を1ページにまとめてみました。

シンガポール、台湾、マレーシア、インドネシア、フィリピンなど、越境ECの出店を検討している方。ぜひ、参考にしてみてください。

Shopeeとは

東南アジア・台湾最大級のECモール

Shopeeとは

世界1位のショッピングアプリダウンロードを誇るサービス。

Shopee(ショッピー)とは、東南アジアおよび台湾最大のECモールです。2020年の流通総額は354億ドル(日本円にすると約4兆円弱)をあげています。

2021年の世界ショッピングアプリのダウンロード数は第一位。公式SNSのフォロワー数は1,000万人以上もいる注目度の高いマーケットです。

東南アジア最大のテック企業「Sea Group」が提供している。

Shopeeは、シンガポール発の世界的企業「Sea Group」が運営している。同グループでは、ゲーム「Garena」、電子マネー「AirPAY」なども事業展開しています。

2018年に日本からの越境ECはスタートしました。

Shopeeは、2018年に日本からの越境ECサービスをスタートしました。その後、2020年7月に、日本法人の「Shopee Japan」も立ち上げて現在に至ります。

Shopeeの紹介動画

公式による、約8分のShopeeに関する紹介動画です。

Shopeeの出店費用(完全無料)

初期費用「完全無料」で出店できます。

Shopeeへの出店は、初期費用「完全無料」、月額費用も0円、売れた場合にのみ販売手数料が発生します。また、日本法人による日本語でのサポートもあります。

Shopeeの基本情報(料金・販売手数料など)

サービス名称
Shopee (ショッピー)
窓口事業者
ショッピージャパン株式会社
出店対象国
シンガポール、台湾、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム(予定)、ブラジル(予定)
出店対象者
個人事業主、法人

初期費用
0円
月額費用
0円
手数料
販売手数料・・・3~3.21% ※国ごとに料率は変わる。
決済手数料・・・2~2.24% ※国ごとに料率は変わる。
為替手数料・・・約2% ※Payoneer経由で入金される。
参照元
サポート
日本法人による日本語でのサポートもあります。

Shopee Japan

今時店長
今時店長
日本における楽天市場と同等の売上規模を誇るECモールです。東南アジア・台湾への越境ECの第一歩としてオススメです。
海外へのデジタルコンテンツ販売はこれが完璧
海外へのデジタルコンテンツ販売はこれが完璧!無料はじめられるオススメ手順

海外に向けてデジタルコンテンツ販売(ダウンロード販売)を、したいと考えている方に向けて、無料ではじめられるおすすめの販売方法をご紹介します。 はじめに 海外へのデジタルコンテンツ販売にある2つの問題点 ...

Shopeeの評判

Shopeeの評判および実績に関する情報をまとめてみました

口コミ、評判などをもとに、気になる情報をまとめてみました。

Shopeeは売れない!?確認しておきたいポイント

Shopee自体の売上は右肩上がりにのびている。

Shopeeの注文数と流通総額は右肩あがりに伸びている
引用元:https://shopee.jp/news-2021-03-23/

上画像は、Shopeeのオーダー数(Gross Orders)と流通総額(GMV)に関する、2019年と2020年の成長率および実績に関するて発表されたものです。

オーダー数(Gross Orders):28億(昨年比232.8% = 132.8%増)、流通総額(GMV):354億USドル(昨年比201.1% = 101.1%増)と右肩上がりに伸びています。

Shopeeで売れている日本製品(ホビー、電化製品)

日本のホビーおよび音楽関連の電化製品が売れています。

  • ホビー・・・ポケモンカードゲーム類、ガンダムプラモデルなど。
  • 電化製品・・・MIDIコントローラー、ワイヤレスヘッドホンなど。

2023年の情報によると、ポケモン、ワンピースなどのカードゲーム類。ガンダムのプラモデル。あとは音楽関連の電子機器が売れているそうです。 参照元

Shopee Japan

今時店長
今時店長
売れる売れないは、出店してみないとわかりません。重要なのは、マーケットが急速に売上を伸ばしていること、これは確かですね。

Shopeeの出店条件

Shopeeの出店条件まとめ

Shopeeに出店するための条件についてまとめてみました。

出店対象者(個人、法人)

  • 個人事業主・・・任意で開業届の控えのご提出。
  • 法人・・・・法人番号のご入力。

個人の方でも、アカウント開設の申請ができます。

出店条件(商品点数など)

  • 5商品を出品すること。※5商品以下の場合は事前に相談。
  • 日本から発送すること。
  • 2営業日以内に発送すること。※プレオーダー設定時は最大10日。
  • 英語でカスタマー対応すること。

2022年2月1日に出店条件が緩和されました。

2022年2月1日に、新規出店における最低商品の出品数は10点→5点に引き下げられました。また、5点以下の場合には、事前に相談してくださいとのことです。

Shopee Japan

今時店長
今時店長
Shopeeに出店するには審査があります。アカウント申請はもちろん無料。審査結果は1週間以内にメールで届きます。
海外発行のクレジットカードが使える!無料ネットショップとは
海外発行のクレジットカードが使える!無料ネットショップとは

海外発行のクレジットカードでも利用できる、無料ネットショップ作成サービスをご紹介します。 海外向けにネットショップを開業したい方、無料で使える越境ECカートに興味のある方は、こちらの記事を参考にしてく ...

Shopeeに出店のメリット

Shopeeに出店・出品する5つのメリット

アジア系の女性

Shopeeに出店した場合のメリットをまとめてみました。

集客力に期待できる

Shopeeは、東南アジアおよび台湾最大のECモールです。すでに多くのユーザーが利用しているため、集客力のポテンシャルもトップクラスと考えていいでしょう。

信頼度をアップできる

日本国内のECカートよりも、現地で名前の知れた「Shopee」の方が信頼は厚いです。もちろん、売り手としても仲介業者を通すことで安心して取引できます。

日本語でのサポートに対応している

Shopeeは、日本語でのサポートもついています。セラー向けのヘルプページ、無料のセミナーや相談会なども頻繁に実施されています。

国際配送もサポートつきで料金もお得に使える

Shopeeでは、独自の配送手段も提供されています。セラーの負担を軽減するために、国際送料の一部をShopeeが補填してくれるサービスも提供されています。

今後の成長・拡大に期待ができる

近年、東南アジアのEC市場規模は急激に成長しています。公式資料によると、 2020年の620億USドルから2025年には1,720億USドルになると言われています。

東南アジアでは「Tokopedia」や「Lazada」など、ほかにも定番のECモールは存在しますが、「Shopee」のように日本向けのサポートなどは提供されていません。

Shopee Japan

今時店長
今時店長
とにかく簡単に越境ECをスタートすることができます。決済手段も配送も簡単に導入、日本語サポートがついているのは心強い。

まとめ

まとめ

東南アジア・台湾最大級のECモール、Shopee(ショッピー)への越境EC出店に関する情報を1ページにまとめてみました。

今後も市場規模の拡大に期待ができる、東南アジアや台湾などへの越境EC出店を検討している方は、オススメのサービスです。

あわせて読みたい

無料で越境ECをはじめるなら”STORES”もおすすめです。

【完全ガイド】STORESの評判どう?実体験をもとにメリット・デメリットを徹底解説!
【完全ガイド】STORESの評判どう?実体験をもとにメリット・デメリットを徹底解説!

STORESは、無料で利用できるネットショップ作成サービスとして広く知られていますが、その評判は実際のところどうなのでしょうか? 本記事では、STORESを実際に利用した経験をもとに、サービスの魅力的 ...

本格的な越境EC対応の自社ECサイトを作るならこちら。

【世界No.1】Shopifyの評判どう?圧倒的に支持される秘密を徹底解明
【世界No.1】Shopifyの評判どう?圧倒的に支持される秘密を徹底解明

「Shopifyって本当に評判いいの?」 世界シェアNo.1のネットショップ作成サービスとして知られるShopifyですが、実際に使ってみた人の評判が気になりますよね。 そこで今回は、私自身のShop ...

最後まで読んで頂きありがとうございました。
また新しい情報などあれば更新していきます。

\ こちらの記事をシェアする /
  • この記事を書いた人
今時店長

今時店長

楽天市場の某大型サイトにて、2005年~2013年まで運営責任者を務める。その経験を活かし、2013年に楽天市場のショップへのサポートを目的に当サイトを立ち上げました。2016年に情報サイトとしてリニューアル、より幅広い層の方々にオンラインビジネスのノウハウやアドバイスを提供しています。

運営企業情報(プロフィール・運営理念)
掲載依頼・お問い合わせ
誤り報告フォーム

-ネットショップ構築・ECカート
-