WooCommerceとは

広告 ネットショップ構築・ECカート

WooCommerceどうよ!?実際に体験して使い方から感想まで報告[Stripe決済導入とテスト環境の設定も解説]

WordPressでネットショップが作れる、WooCommerce(ウーコマース)について、実際にためして個人的な感想や評価などをご紹介します。

\10日間の無料体験を今すぐスタート/

基礎知識

WooCommerceとは

WooCommerceとは

WooCommerce(ウーコマース)とは、米国企業のAutomattic(オートマティック)が提供している、WordPressをネットショップ化できるプラグインのことです。

WooCommerceは基本料金無料で利用できます。あとは、利用に合わせて有料のテンプレート、機能などを追加して利用していく形です。

WordPressとは

レンタルサーバーにインストールして利用するブログのことです。当サイト推奨は「エックスサーバー」で月額1,000円程度で利用できます。

WooCommerceをためしてみた

実際にインストールから決済導入までためしてみました

在宅ワーク

実際に、WordPressにWooCommerceをインストールして、商品登録や決済機能の導入などをためしてみました。

プラグインをインストールする

WooCommerceとは

まずは「WooCommerce」をインストールします。

プラグインは「WooCommerce」で検索すればすぐに見つけることができます。「今すぐインストール」を押して「有効化」して「初期設定画面」に進みます。

初期設定をする

WooCommerce

インストールが完了したら「住所」などの初期設定をします。

  • ストアの詳細
  • 業界
  • 商品タイプ
  • ビジネスの詳細
  • テーマ

有料の機能もあります。

WooCommerceのインストールで機能を追加できる

インストール時にも4つの機能を選択してつけることもできます。

料金的にはそこそこ高いです。

定期購入、会員機能、予約機能は説明不要ですね。

定期購入の機能をつければサブスク系のサービスでも活用できます。

混合商品とは、パーツを選択して販売する場合などに使う機能のことです。国産サービスでは「オーダーメイド販売」という機能が該当しますね。

オーダーメイド販売
初心者でもオーダーメイド販売できるネットショップ2選!格安に本格的な注文フォームが作れる[名入れ機能など]

インターネットを通じてオーダーメイド商品の販売ができる、ネットショップ作成サービスについてご紹介します。 初心者でも費用を抑えつつ、本格的な通販サイト(注文フォーム)が作りたいという方は、ぜひコチラの ...

有料テンプレートも選択できます。

テンプレートは無料と有料から選択できる

無料のほかに、有料テンプレートもあります。

有料テンプレートは79$/年でした。

買い切りではなくて、継続課金なのは微妙ですね・・・。

WooCommerceのテーマ

と思いきや、インストール後に「WooCommerce」というキーワードでテンプレートを検索したところ、1,000件以上のテンプレートを見つけることができました。

商品を登録する

商品を登録する

商品登録画面は上記のとおりです。

在庫、送料、関連商品、属性、などが設定できます。

WooCommerceで商品登録

実際に、商品名と商品画像を登録して表示した状態です。

レビュー機能は標準で搭載されていました。テーマは「Orchid Store」です。

決済機能を導入する

「ダッシュボード」→「支払いを設定する」より簡単に設定できます。

WooCommerceで追加できる決済

Stripe、PayPal、代金引換、銀行振込が設定することができます。

【違いはココ】決済代行の”PayPal”と”Stripe”を徹底比較!確認しておきたいポイントを解説
【違いはココ】決済代行の”PayPal”と”Stripe”を徹底比較!確認しておきたいポイントを解説

海外発の人気決済代行サービスである、PayPal(ペイパル)とStripe(ストライプ)について、両サービスの特徴や手数料についてまとめてみました。 ネットビジネスなどで、オンラインでのクレジットカー ...

それ以外に、追加オプションで、Square、Amazon Pay、Apple Pay 、Google Pay、などもサポートされています。

スクエア決済
【審査期間】Square決済を導入してみた!審査結果と追加書類・審査落ちの理由なども考察

街のお店でも、ネットショップでも、一つのアカウントで決済が導入できる「Square(スクエア)」について、実際に導入してみて申込み内容や審査に掛かった時間についてご紹介します。 Square決済の基本 ...

実店舗のある方は「Square」の方が一元管理できるのでオススメです。

Stripe決済を導入してみました。

StripeをWordPressに導入する

Stripeの会員登録は5分~10分程度あれば完了します。

Stripe
【審査期間】最短でStripe決済導入してみた!申込からアカウント有効化手順・リスクのある禁止業種まで解説

ネットビジネスでのクレジットカード決済を簡単に導入できる、Stripe(ストライプ)というオンライン決済サービスについて実体験をもとに解説します。 Stripeには禁止業種がある。 Stripe決済に ...

Stripeの管理画面にログインしたのち「開発者」→「APIキー」より公開可能キー、シークレットキーを取得して、WooCommerce側で設定すれば完了です。

Stripeをテスト環境で試したい場合。

WooCommerceにStripeを導入する方法

Stripeの管理画面で、テストデータの表示中を「オン」にしてから「APIキー」を取得します。

WooCommerceでStripeをテスト環境で試す

「WooCommerce」→「設定」→「決済」→テストモード有効化「オン」、テスト用公開鍵、テスト用秘密キー、の二つを入力すればテスト環境になります。

 Stripe 経由でクレジットカードで支払う。 テストモードが有効になっています。 テストモードでは、カード番号「4242424242424242」と、任意のセキュリティーコードおよび有効な有効期限を使用できます。

ちなみに、テスト環境で買物した場合には、決済画面で上記のように表示されました。テスト環境だとわかりやすいのはいいですね。

実際に利用してみた感想

まとめ

売るだけのシンプルなネットショップは簡単に作れる。

基本機能はほぼ日本向けにローカライズされているので、売るだけのシンプルなネットショップであれば簡単に作れると感じました。

機能は充実していますか?

個人的に気になったのは下記3つの機能です。

  • ポイント機能
  • 複数配送先指定
  • メルマガ配信機能

上2つは、プラグインの追加でなんとかなりそうです。

メルマガ配信に関しては、外部のサービスと連携が必要そうですね。

セキュリティ面はどうなのか?

さあ、どうでしょう。これはわかりません。

ただ1つ、ビジネスで使うなら起きたあとの事を考えてください。

検索エンジンで「WordPress 改ざん」などのキーワードで検索してみてください。いくつも事例はあります。自分に知識があって復旧できる。または、信頼できる業者さんがいて対応できるのであれば問題ありません。

あえて利用するメリットはあるのか!?

簡単とか手軽さではあえて利用するメリットは感じませんでした。

たとえば「BASE」は、さらに手軽で簡単ですよね。

コストパフォーマンス的にも、レンタルサーバーの維持費と有料プラグインの必要性などを考えると決して安いとは言い切れません。

【完全ガイド】BASEの評判どう?実体験をもとにメリット・デメリットを徹底解説!
【完全ガイド】BASEの評判どう?実体験をもとにメリット・デメリットを徹底解説!

BASEは、無料で利用できるネットショップ作成サービスとして広く知られていますが、その評判は実際のところどうなのでしょうか? 本記事では、BASEを実際に利用した経験をもとに、サービスの魅力的な特長や ...

BASEなら「WooCommerce」では追加費用の掛かる、予約販売、定期販売、会員機能も全て無料で利用できます。メルマガ配信に関しても導入の手間もありません。

WordPress
WordPressに一番簡単に無料でクレジットカード決済を導入する方法[PayPal・Stripe・STORES外部カートを比較]

WordPress(ワードプレス)で、商品または商材を販売する際に、無料でクレジットカード決済を導入する方法についてご紹介します。 はじめに 最初に導入が検討される決済手段は2つ WordPressで ...

単純に決済機能が必要であれば「外部カート」を利用してもいいですね。

既存のネットショップASPでは対応できない方向け。

というわけで下記のようなケースの方にオススメです。

  • 会員制の画像や動画配信サービス。
  • サブスク系のオンラインソフト。
  • 複雑な資料請求や見積もりサイト。

カスタマイズして利用する場合には最適なサービスです。

個人的には、有料テンプレートとかオンラインソフトの販売などで、購入者に対してバージョンアップの提供が必要な場合などに活用したいと思いました。

ただし、無形商品を販売する際には、PayPal、Stripe、などは、アカウント凍結の報告も増えているので注意してください。詳しくは下の記事をどうぞ。

占いを販売する
2024年版|無形商品が販売できるネットショップを解説[占い・悩み相談・代行業など無形サービスの販売方法]

無形商品(無形サービス)をインターネットで販売する方法について解説します。 こんな方にオススメの記事 インターネットで無形商品を販売したい方。 無形商品をネット販売する際の注意点を知りたい方。 Pay ...

あわせてチェックしてほしいサービス

Square決済に、無料で使えるネットショップ機能が追加されました。

実店舗と在庫の連動も可能です。

Squareオンラインビジネスの評判どう?実体験をもとにメリット・デメリットを徹底解説!
Squareオンラインビジネスの評判どう?実体験をもとにメリット・デメリットを徹底解説!

Squareオンラインビジネスは、無料で利用できるネットショップ作成サービスとして注目を集めていますが、その評判は実際のところどうなのでしょうか? 本記事では、Squareオンラインビジネスを実際に利 ...

EcwidもWordPressプラグインでショップ運営できます。

個人的には「Ecwid」の方が使いやすいという印象を受けました。

Ecwidとは
【初心者向け】Ecwidの基礎知識と使い方を解説!プラン料金・手数料・WordPress連携手順など

ネットショップ作成サービスの、Ecwid(イーシーウィッド)について基礎知識と使い方を解説します。 日本語のサイトが少ないのでぜひ参考にしていてください。実際に利用した感想・評価や口コミなどもご紹介し ...

最後まで読んで頂きありがとうございました。
また新しい情報などあれば更新していきます。

\ こちらの記事をシェアする /
  • この記事を書いた人
今時店長

今時店長

楽天市場の某大型サイトにて、2005年~2013年まで運営責任者を務める。その経験を活かし、2013年に楽天市場のショップへのサポートを目的に当サイトを立ち上げました。2016年に情報サイトとしてリニューアル、より幅広い層の方々にオンラインビジネスのノウハウやアドバイスを提供しています。

運営企業情報(プロフィール・運営理念)
掲載依頼・お問い合わせ
誤り報告フォーム

\10日間の無料体験を今すぐスタート/

-ネットショップ構築・ECカート
-,